蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
幼児機械化計画
はいどうも、文化祭と体育祭を無事に終えた、マウスメロン@赤っ恥です。
2日連続で文化祭を開催し、そのまま連続で次の日に体育祭を敢行するという、地獄のスケジュール。
ガチで疲れました。
というわけで、少し文化祭と体育祭については思い出したくもないので、それに関する日記はまた後日に書こうと思いますです。はい。



えー。
「幼少期」というのは、人間にとって、その後の人生を左右する大事な大事な(そりゃもうあのプチプチするヤツでくるまないとイケナイ程の)期間ですよね。
人格形成というか。
幼少期の出来事や周囲の環境、トラウマ、食事、性欲制限、その全てが人生に関わってくると言っても過言ではないでしょう。

僕は、幼稚園児の頃から、幼稚園へは1人で歩いて通ってました。
いくら田舎の方とはいえ、車も通りますし、名古屋近いですし、それに僕はその時当然のことながら3~6歳です。
何で1人で幼稚園まで通わされてたのかというと、「寝坊をしたから」。
僕の母親は、大変厳しい(アホな)人で、ちゃんと寝坊せずに起きられたら自転車の後ろに乗せてくれて幼稚園まで送ってくれましたが、寝坊をしたら(まぁなんかのアホな教育方針なんでしょうが)1人で歩かされました。
当時この世に生を受けてまだ3~6年。(寝坊くらい許してくれよ!)
ほぼ毎日、歩いて幼稚園に通ってました。

よく攫われなかったなぁと思いますね。
(え?僕がブサイクだから?そんなまさか~(笑))
(え?人知れず母親が陰で敵と戦ってくれてた?そんなまさか~。そんな元気があるんだったら、何で2人目の子供を出産してくれなかったんだよ(泣))

まぁとにかく、僕の場合はブサイクだから攫われずに済みましたが(認めた!)、もし攫われて監禁でもされていたら、今の僕の人格は一体どうなっていたんでしょうか?

児童誘拐事件。あるいは、児童誘拐殺人事件

殺人だった場合、今の僕すら存在してません。
殺されなかったとしても、もしかしたらその誘拐された経験がトラウマになって、どんな食べ物にも焼き肉のたれをベタベタにつけて食べていたかもしれません。(誘拐犯宅では先祖代々、焼き肉をタレ無しで食べるらしい)



あと、勘違いしちゃいけないのが、「人格形成」とは思春期にもかなり作用します。幼少期のみならず。
例えば、もう何回もここで書いたような気もしますが、僕は中学3年の時にクラスでスーパー孤独に陥りまして。
今まで幼稚園の頃から中2まで、ずーっとクラスでも馬鹿やったりフザけたり、人をとにかく笑わせたりしていた、そんな明るい性格が。
中3を境に一気にどん底まで落ち込みました。
それ以来、極度の人見知りになってしまい、なかなか上手く友達を作ることも苦手になってしまいた。

思春期のトラウマも、とにかくかなり人格形成に重要なんです!
僕が身をもって体験しています!




さぁそこで何が言いたいかと言いますと。

まーとにかく世間ではPTAやらモンスターペアレントやら、何から何まで本っっっっ当にうるさいですよね。
テレビにしても漫画にしても、ネットにしても、全てが大人によってどんどん規制されていってます。

若干話しがズレますが、この前テレビでやっていた「爆笑問題のドッキリ番組」みたいなヤツ。見た人います?
2時間の特番で。司会が爆笑問題で。新聞の番組欄には『相方が目の前で逮捕!?』と書かれてて。
こりゃー見るっきゃない!と思いまして。
で、見ましたよ。
見事でした、見事にツマらなかったです。
せっかくの2時間の特番なのに、ショボすぎるドッキリの数々。
唯一マシだったのは、ジュニアさんの目の前でせいじさんが逮捕されてしまうというドッキリだけ。だけど、このドッキリの放送時間は約10分間でした。そうです、とにかく内容が薄い。本当にただ単にジュニアさんの前でせいじさんが逮捕されるだけ。前フリも糞も、なーんにもナシ!
これを見て、「あ、なるほど、そういう事か」と。

視聴者がウルセーんだな、と。
抗議されるのが怖いんだな、と。(だったらドッキリ番組やるな!)


こんな、子供に悪影響だの何だののせいで、世の中をツマらなくして良いんですか!?ねぇ。
実際思ってるほど、子供に悪影響なんて与えてないのに。
馬鹿な大人がアホな抗議をするせいで、こんな苦しい思いをするんです。(お前らのその過保護が一番子供に悪影響なんだよ!ボケ!)


だから、いっその事、この馬鹿な大人どもを抹殺したい。
プリンの容器の底のあのプッチンするヤツで刺し殺したい。(殺すついでにプリンも食べれるから一石二鳥っ)

だけど、そんなことはやっぱり出来ないですよね・・・。
犯罪ですもんね・・・・。あぁ・・・。

大人を殺すなんて無理・・・
大人を殺すって無理・・・
大人を殺す無理・・・
大人を無理・・・
大人無理・・・

大人無理!?




だったら子供を改造すればいいんじゃないか!!



そうだ!幼児機械化計画だ!

だいたい、考えてみれば、テレビや漫画やネットをいくら規制したところで、子供を安全に育てるなんて不可能なんですよ。
僕みたいに、学校でトラウマを経験してしまう子供もいるし、外出中に事件に巻き込まれてトラウマを抱え込んでしまう子供だっているんです。
というか、むしろそっちの方が重要なんですよ!

どうせ無駄な規制ばっかやって、全く無効化なんだったら、いっそ子供を改造してしまえ!

絶対にイジメをしようとしないプログラム。
絶対にイジメられないプログラム。
絶対派閥を作らないプログラム。
絶対授業中に騒がないプログラム。
絶対均等に勉強するプログラム。

うん、いいね。これなら平和なんじゃないかな。

あと、もちろん顔を整形ですよね。みーんな、全部同じ顔にしないと、差別が生まれちゃいますからね。
運動神経も全部均一化しないと。いや、むしろ運動能力をすべて削除するとか?
身長も、体重も、体系も、全部均一化しないとね。
友達なんてもっての他ですよね。
友達なんてものがいるから、差別が生まれる、派閥ができる、イジメが起こる。
ぜーーーんぶ均等に相手しないとね。日本中の子供を全員友達にするなんて事は不可能だから、全員友達じゃなくするんです。仲間なんて作らせない。こうすれば、絶対的に平和になります。
あ、これは当たり前ですけど、感情禁止です。
笑顔?ダメダメ。人によって顔を変えてたらそれこそ差別が生まれますし、「あいつには笑顔なのに、俺と喋るときは全然楽しそうじゃないな・・・」なんて精神的苦痛まで子供は抱いてしまいます。
怒るのもダメ。泣くのもダメ。ぜーんぶダメダメダメ。

これなら、テレビでどれだけいかがわしい内容が放送されても、子供に感情が無いんだから影響はゼロです。

あとは家庭環境ですね。
服装?全部制服に決まってんだろ!
食事?国から配布された食事を毎日同じ時間に食べろ!
住まい?みんな同じ方角、同じ高さ、同じ配置だコノヤロウ!




ふぅ・・・。
これならもう、子供に与える悪影響はないですね。

ん?

あれ?まだあるじゃないか。








大人だよ。












結局、この計画は見込みの甘さを指摘され、20XX年、国民の大多数の反対を受け、却下されてしまいました。


要は、世の中を変えるなんて不可能だということです。
優劣は必ず存在してしまうんです。

そして、とにかく、オトナは馬鹿だ、という事です。



ねぇ、もう、無駄な努力はやめない?


子供に努力をさせる努力をしたらどうだい?



外側ばかりを必死に繕っても、内側がほつれていたら結局意味は無いじゃないですか。

外側のクッションは、必要最低限でOKなんですよ。
肩の力抜こう。







  YOSHI☆イクゾー著 『アナル』より抜粋



雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< あごライン | home | 自己嫌悪属・人間不信科 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
| home |
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。