蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
時間は平等!?
今日、人生初の【塾】というものに行ってきました。
とはいっても、体験受講でしたが。
僕は、今まで一度も塾に行ったことがありませんでした。
【習い事】は小学校の時に週7で色んなものを(サッカー・水泳・書道・英会話などなど)やってきましたが、鉛筆もってひたすら書き続ける【塾】なんて、聞いただけで吐き気がしました。
高校受験の時すら、僕は塾に行きませんでした。でも、定員割れのおかげで無事第一志望校に入学する事ができました。(これぞ悪運が強いという事ですね。チンコの皮を被ってたけど、相手が優しく剥いてくれた、みたいな)
いやぁ~、塾。恐ろしいところでした。
でも、これから頑張ろうと思っております。ので、これからはちょっと更新頻度が減るかもしれないです。。。
高校受験と大学受験、全っっっっ然違いますもんね!高校受験なんて屁です、屁。(それは僕の志望校のレベルが低かったからですけどw)





んで。

受験に関連してるっちゃしてる話なんですけど。

この時期になると、よく学校の教師が、

「時間は皆平等。」

としょっちゅう言ってきます。

「時間は平等なんだから、頑張った奴が報われる!」みたいな。

分かります。分かりますけど、この言葉って、非常に不愉快ですし、何も考えてない発言だと思います。

「時間は平等」って、言い換えたら「平等なのは時間だけ」なんですよね。

むしろ、「時間は平等だからこそ、差が生まれる」んだと思います。

時間は平等だけど、周りの環境はどうなの?自分自身の精神状態は?志望校は??(性欲は?オナニーの所要時間は?)

この「時間は平等」って言葉、教師が生徒を騙すために使ってる言葉じゃないですか。

もちろん、生徒を騙してやる気にさせるのは良い事だと思いますけど、使い時や、その前後の言葉が気に入らない。

教師の言い方は、まるで「時間は平等なんだから、みんな同じ学力じゃないと可笑しい。」という含みが思いっきり伝わってくるんです。

例えば授業中の時、設問に答えられなかった生徒がいると、「お前なぁ、みんなはちゃんと勉強してるんだぞ?勉強してないのはお前だけだぞ?いいか、時間は平等なんだから。」というセリフを吐くんですけど、何か「ん?」って思いません?これ。
「みんなはちゃんと勉強できてるから、お前だけ時間を有効に使ってない。」って言ってるのと同じですよね。それは違いますよね。
それ、時間の問題ですか?ソイツ自身の問題ではないのですか?
あなたは、その生徒の周りの環境状態、精神状態、性欲、性格、その全てを把握しているんですか?

もちろん1度に何十人もの生徒を相手にする先生に対して、「全てを把握しろ!」とは言えませんし、言ったら馬鹿です。

しかし、時間のせいにするのも馬鹿だと思います。。。

「時間」はむしろ、全てにおいてマイナス要因なのではないかと思います。

それだったら、極論ですけど、「勉強してないのはお前だけだぞ?いいか、エアコン買ってもらえ。」って言った方が僕はまだ分かります。(本当に極論ですけどw)

後は、「勉強してないのはお前だけだぞ?いいか、AV見た時は前戯シーンだけでヌケるようになれ。」とか、「勉強してないのはお前だけだぞ?いいか、母親をCHANGEしろ。今流行ってるだろ。」とか、「勉強してないのはお前だけだぞ?いいか、突然家に居候し始めて兄弟でもないのに「お兄ちゃんっ」とかって呼んでくる可愛い女の子をさっさと追い出せ。(エロゲーか)」とか。まぁとにかく色々あります。

本当、上に挙げた物言いの方が、まだ分かります。僕。



「時間は平等」

この言葉自体はすごーく良い言葉ですけど、使い時を考えてほしいものです。
(まぁ、教師の使い方はアリっちゃアリですけどね。ただ、不愉快なんですよね)

今思ったんですけど、「時間は平等」って言葉は、それ以上でも以下でもないんだと思います。

これを最初に言った人は、本当に、ただ単に、「あー、時間って24時間だよなー。」って思ったからそう言っただけだと思います。
絶対深い意味を込めて言ったわけではないと思います。

ソレにムリヤリ意味を込めようとするもんだから、何か矛盾(ではないですけど)が出てきてしまうんですよ。

もう一度言いますが、この教師が使う「時間は平等」って言葉、分かるんですよ。凄く。

でも、不愉快すぎるんです・・・。「お前もしかしてカッコつけたいだけなんじゃ?」とか、「お前ただ単にその言葉が生徒を諭すのに便利だから使ってるだけなんじゃないのか?」とか、「お前んちの階段、急だな。」とか思ってしまうんです。。。(最後のは違う)



んんんんんんーーーー。

どうなんでしょう?

どう思います?

まだ会社とかに通ってませんけど、もしかしたら中途半端にハゲた上司とかが嫌味っぽく言ってきそうですよ。
(でも、嫌味で言うのはOKだと思います。死ぬほどムカつくと思いますけど)


僕が言いたいのは、「人を諭すのに使う言葉ではないよ。」ということです。






代々木ゼミナーーーーーーーーーーーーーーーーールッッ





>加護亜依さん

僕もそういう事よくありますよ!なんか一度決心しても、すぐにその決心が崩れちゃうんですよねw
いやー、ああいうのって、どうしたらいいんでしょうね?^^;


肺ガンで死ねっっ!!!保健体育の教科書に黒ずんだ肺が採用されろっっ!!!







雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) |permalink
<< 潔癖症ランド | home | 鏡よ鏡よ >>
コメント
寿命が一定じゃないのに一日の長さを引き合いに出すのは確かにどうだろう君ですよね。

ちなみにその妹「お兄ちゃん」じゃなくて「お肉ちゃう!?」て滑舌悪く言ってる可能性があります。やべー食料見る目だよやべー
2008/07/05 Sat| URL | ぱとらっこ
[ 編集 ]
>ぱとらっこさん

確かにそうですよね!長ーい目で見た時、本当に時間は平等なのかと。誰もがバラバラなんですよね、自分自身の所要時間は。人生の所要時間は。(うわ何かカッコいいっ)
>「お肉ちゃう!?」
うわっ!確かに!最近暑いから僕ずっと汗かいてますし、それが美味そうな肉汁に見えても仕方ないです・・・。でも、美味そうな液体を出すにかけては、絶対女性の方が強いハズなんですけどもねー・・・。
はっ!だからあの女の子、股間が無かったのか!何かずーっと全裸だったから(やっぱエロゲーじゃねーか)、「あぁ、股間にモザイクでもかかってるんだろうなー。」とか楽観視してましたけど、まさか自分で自分を喰ったとは・・・。恐ろしい・・・。だって、彼女の股間越しにその位置だと見えない筈のめだか師匠の顔が見えてましたからね・・・。
2008/07/06 Sun| URL | マウスメロン
[ 編集 ]
確かにそのとおりだし、お兄ちゃんのくだりをもう少し詳しく聞きたい。
2008/07/06 Sun| URL | 空豆
[ 編集 ]
>空マメさん

話さなきゃダメですか?絶対に・・・。 もう過去の事を思い出したくないんですけどね・・・。
・・・・・フッ・・・。良いでしょう。お話しましょう。
彼女はツベッルグラニューギン王国の王妃でした。何やら謎の組織に追われてるとかで日本に緊急で逃げ込んできたらしいのでした。僕の家に無理矢理上がりこんできたのはまだ蚊に刺されたところが少し青く残ってる12月の事でした。「G」と呼ばれる老人と一緒に上がりこんできて、「どうか姫を助けて下さい!お願いします!」と通称Gに土下座され、最初は断ってましたが仕方なくこの「姫」と呼ばれる12歳くらいの女の子をかくまいました。この子は、当然のことながら日本語が話すことができず、とにかくコミュニケーションを取ることが大事だと思い、必死に日本語を教えました。
4年後。彼女は16歳になり、色っぽいええ娘に育っていました。僕は可愛い妹を育ててるつもりだったんですが、向こうはさすが姫。僕の事なんて「ただの召し使い」としか見ていなかったようです。ただの1度も、「お兄ちゃん」と呼んでくれたことなんてありませんでした。
しかし、僕らはあまりにも長く一緒に居過ぎました。お互いがお互いを異性として意識し始め、気がつけば恋に落ちていました。僕はもう彼女の事を「妹」だなんて思わず、彼女も、僕の事を「大切な人」として見てくれていたのです。
ある日、あの「G」が突然我が家に尋ねてきました。「もうあの組織は滅んだ。だから姫を、返していただきたい。」と。当然僕は拒みました。が、もし姫を返していただければ一生生きるのに不自由しない程の富を約束してくれました。ただし、もし姫を返さなかった場合、我が王国は日本に戦争を持ちかける事になるとも、言ってきました。悩みました。「ずっと一緒にいたい!」・・・けど、日本を巻き込むわけにはいかない・・・。僕たちは別れることを決断しました。「G」は笑顔で「それが賢明な判断です。今まで姫を守って頂き、ありがとうございました。」とウソ臭い笑顔で言ってきました。僕は、「最後に1日だけ、一緒に居させてくれ。」と頼みました。最初は嫌がってましたが姫も一緒にお願いしたので、しぶしぶOKしてくれました。「ただし、私は貴方の部屋の前に待機させてもらう。もし何らかの事が起きたら大変だから。」という条件をGが突き付けてきましたが、僕らは仕方なくOKしました。
夜、僕は彼女を抱く事にしました。最後の抱擁・・・。
しかし部屋の前には「G」が・・・。変な声が漏れでもしたら、僕はきっと射殺されてしまうだろう・・・。そこで僕は思いついたんです。彼女の国では、「痛いっ!」というのを「チャンッ!」と言います。それを利用して「G」を欺こうと考えつきました。
僕は普段使わない鞭を取り出して、彼女を責めながら鞭でひたすら叩きまくりました。

「お・・・鬼っ!!」

彼女は僕をまるで鬼を見るかのような目で見て、そう言ってきました。
僕は、容赦なく鞭をしならせます。

バシンッ
「チャンッ(痛いっ)!!く・・・あぅっ・・・!鬼っ!!」

「ほらどうした!お姫様!普段の清楚な姫はどこ行ったんだ!」

バシンッバシンッ
「ぐっ・・・!お・・・鬼ぃっ!チャンッ!!」

バシンバシンバシンバシンッッ
「鬼ぃっチャンッ!!鬼ぃチャンッ!!鬼ぃちゃんっっ!!おにぃちゃんっっ!!」


僕はやっと、彼女の事を「彼女は恋人ではない。ただの【妹】なんだ。」と、無理矢理に自分を納得させることができました。
こうして、僕は吹っ切れることができました。「涙のお別れなんか、したくねぇよ。」と。

降り積もる雪。輝くイルミネーション。
夜中、街中に響く鞭の音。
彼女の悲痛な叫び声。

僕は、射殺されました。
2008/07/06 Sun| URL | マウスメロン
[ 編集 ]
素晴らしすぎるww
天才か!www
2008/07/06 Sun| URL | 空豆
[ 編集 ]
ラスト4行涙が止まりませんでした。

あ、笑いも。いや笑い主体。ほぼ笑い。

マウスメロンさんは長文ものもいけるんですね。
万能だなー
2008/07/06 Sun| URL | ぱとらっこ
[ 編集 ]
>空マメさん

何か凄い嬉しーーーーーーっ!!こんなドS下ネタで褒められても良いんでしょうか!?・・・え?・・・・あ・・・そうですよね・・・・やっぱり駄目ですよね・・・・。はい・・・はい・・・。スイマセン・・・。はい・・・調子乗りました・・・。はい・・・え?「女性ばっかいつも乗せてるからって、調子に乗るんじゃない。」って・・・・お前の方が変態じゃああ!!!俺の性生活丸見えかーーー!!!俺の性的欲求LIFE丸見えかーーーーーー!!!


>ぱとらっこさん

僕の最終的な目標は、「ロウソク責めで読者を泣かせる」なので、とりあえずその一つ前のレベルの「鞭責めで読者を泣かせる」が成功して非常に良かったです。
長文ものは、僕は苦手です。起承転結とか絶対考えられません。長文のスペシャリストのあの方やあの方を、僕は凄く尊敬しております。あ、あと、あの方やあの方も。それにあの方も尊敬してますねー。はい。
2008/07/08 Tue| URL | マウスメロン
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
| home |
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。