蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
創作夜話
どうも僕は、設定作りで苦しむ傾向にあります。


先週土曜日に、高校時代の部活仲間から久しぶりにメールが来まして。
まぁ最初は大したことない世間話とかお互いのモテない大学生活について意見交換したりしてたんですけど。
「大学で充実するには、やっぱ彼女つくるしかない」
みたいな事を言ったメールが来たので、もう彼女づくりなんてとうの昔に諦めてる僕は(死にたい!)、
「趣味とかあるじゃん?」
みたいなメールを送ったんですよ。
すると向こうから
「お前趣味あったっけ?」
みたいな返信が来たので、
「最近、創作意欲がすごい」
みたいなことを送り返したんですよ。

創作意欲って書くとアバウトですが、要は「何か書きたい!・描きたい!」ってことですよね。

そうしたら、
「お前、小説とか書いてなんかの賞に応募すればいいじゃん」
みたいなこと言ってきて。
内心ちょっと「お」って思ったんですけど、僕も自分の力量ぐらい十分わきまえてるので
「小説は100%無理!あくまで趣味だから応募とかは(笑)」
って送ったんです。

僕の中では、創作意欲の話題はここで終わらしたつもりだったんですけど、何故かソイツは
「やることないならやってみればいいじゃん」
と妙に前向きに引っ張ってきたので、僕は「あ、そうだ」とあることを閃きまして。
「いや応募は無理だよ。ところでお前は小説ならどんなジャンル読みたい?」
みたいなことを尋ねてみました。

その日、家では母親が1階の唯一使える部屋を完全に占拠(テレビ・机・椅子・パソコン)してたので、やることが全くなかった僕は、ちょっと暇つぶしにこいつ相手に超簡単に小説(原案)でも書いてみようと思い立ったんです。
別にこいつは、文系でもないし、妙に屁理屈めいた理屈っぽいところがあるぐらいで恐らく読解力もない奴なんですけど、僕からすれば相手は誰でも良かったし、本当に単純に暇つぶしがしたかっただけなんです。
そのついでに、創作する為の脳を少しでも鍛えれればなぁ、って感じで。


んで、その会話の流れで
「どんな小説読むの?例えばちんこ2本ある男の話とかどう?」
と切り出してみたら、
「いや小説自体そんな読まんけど、だいたい なんでも来い、だよ」
と返ってきたので、
「なんか設定考えてよ!なんか書いてみるわ」
と、僕はアホなメールを送りました。


すると、約5分後、返ってきたメールには

「 ・家族で住んでる家の中に親がなにも教えてくれない部屋がある話

 ・いつも後をつけて来る猫とかカラスとかの話

 ・吠えない犬の話

 ・まずいのに潰れない飲食店の話」

と4つもの設定が書かれていました。

僕は、正直言って、ビックリしました。

簡単な設定とはいえ、わずか5分の内に4つも設定が浮かぶなんて。
僕には絶対無理です。
設定づくり能力の無さを痛感しましたね。

まぁ、その後は、これらの設定をもとに僕が簡単な小説(原案)を書いたり、さらにソイツから8つも新しい設定が送られてきたりして、でメールは終了したんですけど。(気付いたら小説書く時間含めて10時間ぐらいメールしてた)

んー、僕はまだまだ駄目だなぁ、と。

僕って、大喜利でもお題づくりが死ぬほど苦手なんですけど、それは設定作成が極端にできないからなんでしょうね。

前にも書きましたけど、僕は誰かと会話する際、自分から切り出したり、自分から話題を提供したりするのが全くできないんですよ。
それはもう、苦手というよりは「思い浮かばない」からでして。(だから苦手なんですけど)
何を話せばいいのか、頭をフル回転させても何も出てこないのです。

それもこれも、全部、設定作成能力がゼロだからなんですね。


んー。



でも。
その代わり僕は、「創作意欲がある」と言うだけあって、設定さえあれば(低レベルな)物語を作るのはそれなりに出来るんですよ。

上のメールでは多分合計12、3個の設定が送られてきたんですけど、
そのうち(10行ぐらいの短すぎるやつも含めて)7つの小説を書きましたし。(ただ、1つは絶賛されたけど、残り6つはガチで酷評されましたw 理系のくせに!)

設定貰って2、3分考えたら、だいたいの全体の構成は浮かびます。文章におこすのに1時間かかりますけど。(もちろんいくら考えても浮かばないのもありましたけどね。「いつも後をつけて来る猫とかカラスとかの話」なんて全く思いつきませんでした)


やっぱ、話づくり、好きだなーって、思いましたねw
(レベルが超低いのは、言わずもがなですよね^^)



ところで、これは職業病と言いますか、習慣って怖いですよね。
設定を貰った時に、真っ先に「大喜利のボケ」を無意識に考えようとしましたからね。
勿論そこからストーリーが広がる事もありますけど、なんというかw



去年の冬の夜、上記の奴とは違う高校時代の部活仲間1人と、外を歩いていた事があったんですよ。
普通の会話にも飽きた僕は。
何がきっかけだったかは忘れましたけど、街中にあるものを見て、それにまつわる即興創作ホラー話をしました。(もちろん本当に怖い話では無くて、なんの変哲もないものを、さもかつて恐ろしい事があったかのように話すという、ボケです)

夜歩いていると、いろんなものがありますよね。
道端に捨てられてる自転車を見て、瞬時に怖い話を思いつく。(あくまでボケです)
一方通行の標識を見て、怖い話を思いつく。
カラーコーン。
マンション。
更地。

「お前、これに関する怖い話、知ってる?」

その台詞から切り出す即興ホラーストーリーボケは、もうスンゲー楽しかったです。
ボケるのも好きで、話づくりも好きな僕にとって、これはもう二重の幸福ですよね。
ソイツがよく笑う奴だったのも、助かりましたしw




んー。

長文になってしまった。

では最後に、僕に関する怖い話をして終わろうと思います。



僕には彼女が・・・















いない。(ハタチなのに怖っ!大学生なのに怖っ!今後の人生怖っ!)




雑記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
<< 火山灰で咳込め! | home | はじめてのおつかい >>
コメント
いっちー怖っ


就職に関する検索 怖っ
2010/06/15 Tue| URL | 師匠
[ 編集 ]
いやでもいっちーは才能あると思うんだよね。
僕はどこかで見たことあるような設定が浮かんで、いかんいかんっつってそれ以降何も思い付かないからねw
前回の日記のやつなんかも感心しちゃいましたもん。


よっしゃー彼女作るぞー
2010/06/16 Wed| URL | カミナリ
[ 編集 ]
一見さわやかだし(一見て)ちょっと他人の心の中に土足で入っていければそのうち彼女できそうなんですけどねぇ。君はそんなにしゃくれてなんかないよ。滑り台なら途中で止まりそうになる傾斜だよ。自信を持って。

お題考えるのは僕も苦手です。なのでたまにPHPやっても2位になりたいと思いながらやってしまいます。でも人の作ったお題には厳しいです。クズでごめんなさい。
2010/06/17 Thu| URL | たか
[ 編集 ]
>師匠さん

僕がというより、僕近辺の環境が怖いんですよ!
彼女できないのは120%女のせいですからね!女がアホだから僕がモテないんですよ!
あー怖!女、怖っ!(死ぬまで童貞、いっちーです)
ところで、大喜利トーナメント、5点2つも貰えて凄く嬉しかったです。
僕もあと1、2年すれば就職活動でいっぱいいっぱいなんでしょうね・・・
正直言って、社会に出て行ける自信がありません・・・
なんか・・・お先真っ暗って感じです・・・
僕・・・生きていけるのかなぁ・・・
はぁ・・・・
・・・ところで、大喜利トーナメント、5点2つも貰えて嬉しかったです!(ニコッ!)


>カミナさん

設定って凄く大事ですけど、要は中身ですよね。
いくら設定が既視感ありありでも、ストーリーやオチが斬新だったり面白ければ、オールオッケーですからね。
ただ僕は、そのベタな設定すらも、浮かんでこないダメダメ脳なんですよw
それでも必死にひねって、ようやく捻りだしたものが、結局ベタだったなんてこともしょっちゅうです><
最近本当に日常でネタがないので、これからもあんな前回のようなネタが登場すると思いますけど、懲りずに読んでくれたら幸いです^^(カミナリさんも何か書いてよ)

彼女できたら恨む!!(最低)


>たかさん

多分僕は後ろ姿だけ、ちょっとだけさわやかなんだと思います。髪が長いメリットってそれくらいな気がしますw
正面にまわった時のキモ顔・キモ顎は、後ろ姿との落差を考えたら尋常じゃないでしょうね。
僕は、油断するとすぐ人を怒らせるような事が頭に浮かぶんですよ。だからちょっと他人の心の中に土足で入ろうとすると、絶対相手の不快になることを言ってしまうんです。もうそれが怖くて怖くて。
友達の多い人って、相手を傷つけずに心の中に入り込むのが凄く上手いんだと思います。
ところで、最近、問題はしゃくれよりも長さなんじゃないかと気付きました。
僕、かなり顎長いんですよ。しゃくれに長いて最悪です。いがわゆり蚊とかなり近いです!

【お題】 イケメンを殺す方法
いや、
【本気】 イケメンを殺す方法
ですね!(おまわりさーん)
2010/06/17 Thu| URL | マウスメロン。
[ 編集 ]
吠えない犬の話って何か深そう
2010/06/18 Fri| URL | すじこ
[ 編集 ]
>すじこさん

これは確かに、僕もこれを小説(原案)にする際、お笑い要素は一切排除して書きましたね。
ちなみに、結構酷評されましたね!(なまじっか真面目に書いたぶん恥ずかしい!)
記事内での、「1つ絶賛された」という小説は、完全にお笑い主体で書いた文章でした。
やっぱ僕は真面目な文章は書くなってことなんでしょうか・・・w
それにしても、この創作意欲をもっと有効に使いたいなぁ。
集中力が欲しいです><
あとご飯に合う美味しいオカズが欲しいです!
2010/06/21 Mon| URL | マウスメロン。
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
| home |
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。