蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
2009年最後の日だって!
年末が地味に忙しいです。
これは、全く僕らしくなくて、普段の僕は年末年始ともども暇を持て余しているのですが、なんだこれは。

気づけば今日は2009年最後の日です。
明日から、2000年~2009年までのことが、「00年代」と呼ばれるようになるんですねぇ。
僕の世代が、「90年代」と呼ぶように。

僕からしたら、1990年とは遥か昔のように感じるし、どこか古い印象を受けます。
それが、今度は、2000年が、古く感じるようになるんですね。

だいたい、未だに、クレヨンしんちゃんの「オトナ帝国」が8年前の映画とは思えませんもん。
最近の映画のように感じます。
逆に、96年の「ヘンダーランド」は、物凄く古く感じます。

このギャップ。

それほど、この「〇〇年代」というのは大きな節目なんですねぇ・・・。

感慨深いです。





で、もやもやしてることがあって。

僕は毎年、M-1の感想を、必ずどこかに書いてるんですが、今年の分はまだ書けてません。

多分2002年くらいから、毎年どっかに書いてます。

この記録はちょっと終わらせたくありません。

なので、2009年最後の記事は、今さらM-1の感想を書こうと思います。

(大丈夫!安心して!必ず最後には、「良いお年を!」って言って締めるから!大晦日っぽくするから!)


あ、ちなみに、1回しか見れてませんので、間違った事言う恐れがあります。(もうほとんど記憶薄れてますw)



◆ナイツ

僕は去年と比べて、笑い声は大きくなりましたが、数は少なくなりました。
去年のネタは、ずっとニヤニヤしっぱなしで終わってしまってました。
けど今年は、平行線な感じのネタではなかったので。
多少ベタな部分があるのはナイツの特徴なので仕方ないのですが、
そのベタが振りになって、さらに被せてきてたりしてたので、それが良かったです。(ただ、もっと多くすべき)
というかゴメンナサイ、もうほとんどネタ覚えてないのです^^;
頭に残ってる感覚だけで書いてしまってますw


◆南海キャンディーズ

面白かったです。
ただ、やっぱり初めて見たときのインパクトは超えられませんでしたね。
ボケも面白いしツッコミも面白いんだけど、なぜ勝てないか。
ネタ中の独特の雰囲気がそうさせてしまっているのかもしれないと、ふと思いました。


◆東京ダイナマイト

ただただ、好きです。
僕は、後半のあの「一番伝えたい人」の羅列は、ずっと笑ってました。


◆ハリセンボン

前回出場と何が変わったのか、あまり分かりません。(よく覚えてないというのもあるけど)
南海キャンディーズのネタが前回と同じ、というのとは訳が違うような気がします。
南海キャンディーズは、あれが完成形に近い気がするし、後はネタのチョイスだと思うんですけど、
ハリセンボンは、あれを完成形としてはいけないと思います。
2人のキャラクターを考えれば一見アレが完成形のように見えますけど。
ただ、箕輪はるかのボケは、結構面白いのがありましたし、まだまだ成長すると思います。


◆笑い飯(1回目)

疲れるぐらい笑いました。
ボケがいちいち面白い。
悪いところは、特になかったんですが、西田さんの「鳥人が自分の説明しながら子供の前に現れる」というボケが、少し聞き取りづらくて、哲夫さんのツッコミ(?)でようやく理解できたという箇所がありました。
僕の耳が悪いです。ごめんなさい。


◆ハライチ

去年からちょくちょく見るコンビで、ネタの新鮮さも相まって印象によく残りますね。
去年の敗者復活のネタでは、ツッコミの人が誘い笑いしすぎでヒイたんですけど、今年はそれが控えめで、ギリギリセーフでした。
ツッコミの人のあのニヤケ面、絶対わざとですよね。
ネタは、「控えめのフック」で一番笑いました。
被せてきてたんで、実際彼らもアレは特に面白いと思ってたんですかね。
あのパターンのボケの羅列は、思いつく限りずっと出来そうなので、飽きられることがそうそう無い気がします。
タカアンドトシの「欧米か!」みたいなものかなぁ。
ただ、沢山ネタを作っていく上で、ツッコミの人のリアクションがワンパターンになってしまうことが懸念されますね。


◆モンスターエンジン

1つも笑えませんでした。
作戦大失敗。
もっとモンスターエンジンらしいネタを期待してたのに・・・。
技術は高かったですね。


◆パンクブーブー(1回目)

面白かったと思いますけど、馬鹿馬鹿しいネタを期待してしまう僕にとっては物足りなったです。
でもこれは完全に僕の嗜好の問題であって、パンクブーブーに問題はなかったんだと思います。
枠があって、それをブチ破るようなネタを好んでしまう僕は、枠内で最高のネタをやってる人が、結局小さく収まって見えるんでしょう。
駄目ですね、僕。
ただ、1つだけ言いたいことは、爆発力のあるボケは無かったと思います。
でも、ナイツ的なニヤニヤしっぱなしって訳ではなくて、なんだろう、正統派な笑い方ができた気がします。
ごめんなさいよく分かりません。


◆NON STYLE(1回目)

誕生日おめでとうと、ケーキが入ってくるところと、切り分けるところが面白かったです。
後は、やっぱり技術力が凄いですね。
去年の、石田さんの自分ツッコミが封印されてて良かったです。
笑ったんですけど、NON STYLEのネタって、2回目以降ピクリとも笑えなさそうな気がするのはなんででしょう。


~最終決勝~


◆NON STYLE(2回目)

分かってましたが、同じパターンでした。
最後の方の「峰打ちじゃ、安心せい」のボケがくどすぎてキツかったです。


◆パンクブーブー(2回目)

1回目と同じ感想です。
面白いんですけど、きっと僕がアウトロー好きなんでしょうね。
あんまり自覚はしてませんし、正統派のボケでもめちゃくちゃ笑うんですけどね。
というか、このネタは、1回目のネタより好きでした。
やっぱり、面白いですよ。普通に。


◆笑い飯(2回目)

1回目のネタの方が全体的に面白かったんですが、
こっちの方が笑い声は高かったです。(というか、今大会一番笑ったボケがありました)
チンポジのところです。
あそこで、声が裏返るほど笑いました。
もちろん、それ以外のボケでも笑ったんですが、それはどれも、鳥人のネタよりは低い笑い方でした。


はっきり言って、最終決勝のネタが全部終わった時(というか笑い飯のネタが終わった瞬間)、
「笑い飯、おめでとう」って心の中でずっと思ってました。
もう、笑い飯優勝確定だろうと。
でも結果は、全員パンクブーブー。
冷や汗が流れました。

しかも、その後、色んなM-1の感想を見てみると、普段はいつも「〇〇が優勝なんて納得できない!」みたいなのがわんさかあるのに、今回はみんな「あれは納得!」みたいなのが大半で、もっとビックリしました。

難しいもんですね。
まぁ、総合評価したら、確かにそんな気もしてくるんですけどね。

笑い飯の2回目のネタと、パンクブーブーの2回目のネタを、総合的に評価すると。

・・・まぁ、そうだろうな・・・って。

「笑えるだけ」じゃ駄目なんだろうなぁ。



~僕なりの順位~


笑い飯(1回目)
笑い飯(2回目)
パンクブーブー(2回目)

南海キャンディーズ
東京ダイナマイト
ハライチ
パンクブーブー(1回目)
ナイツ
NON STYLE(1回目)

ハリセンボン
NON STYLE(2回目)

モンスターエンジン


(※10日以上前に1回見ただけなので、当然ズレがあると思います)





さて、2009年も残りわずか。
僕の命も、残りわずか。(えっ!?)
もう体の半分は炎に包まれて、残りわずか。(ええ!?)
家にバラまいたガソリンも、残りわずか。
むしゃくしゃしてやった、後悔は残りわずか。(ちょっとしてるのかい)

あぁ・・もう火が全身に・・・



・・・・。


・・・・良いお年を!!(言えたーっ!)


雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) |permalink
<< 中華料理ましてコーディネーターございます! | home | 謎の束縛人生観 >>
コメント
笑い飯おめでとう世代
僕のために感想をありがとう!

ナイツはふわふわしながら見とったからもっかいしっかり見てみたらなんか全然笑えんかったです。
去年は確か爆笑やったような。
ツッコミの土屋さんがよくなってるみたいなこと言うてたけどそうか?って思った。
相変わらずの上手やんって。
もっとびっくりするような改革を期待してたんやと思います。
僕にしたら同一線上でむしろ低い方にいってるやんっていう感想です。

モンスターエンジンはしゃべくり中心にしたー言うてたけど。
西森さんのガキかつオッサンみたいな表情が味やのになー。
二回戦で見た田舎のネタはおもしろかったなー。
モンスターエンジンは生で見たらテレビより数倍おもろいんやと思います。
やからこそbaseでの観客投票に強いんやし。
M-1対策が見えてまうと冷めてまうね…

ハライチは頭抱えてたっぷり間ぁ取って「カモシカにベット」するときのあのちょうどええたっぷりの間が気持ち良過ぎました。
100点でした。
漫才とは一線を画した漫才やからM-1ではもう活躍できんやろうけど一生もんの漫才や思います。

キリないから終わります。
僕のために感想をありがとう!
2009/12/31 Thu| URL | 師匠
[ 編集 ]
大みそかの記事に今頃コメントしますけど
パンクブーブーはアンタッチャブルが優勝した時に似た雰囲気があるなあと思いました。ネタ運びとか、ツッコミがキレる感じとか。
とかとか言ってますけどM-1を一通り見たのは去年とアンタッチャブルが優勝した年だけで、どっちかというとアンタッチャブルが優勝した年に似てるかなっていう程度です。

あとはナイツがどんな2本目を用意してたのか、気になりました。

一番笑ったのは、笑い飯は2本目がないからパンクブーブーで決まりだみたいな感じで審査員にいじられてたとこですかな。
2010/01/06 Wed| URL | 三郎
[ 編集 ]
笑い飯ありがとう世代
>師匠さん

返信がこんなにも遅れてすいませんでしたっ。
ポッキーゲームしましょう!(時間を忘れるほどのキスを)
ナイツは、去年(2008年)のM-1感想にも書きましたけど、どうも僕とは相性が悪い感じです。ナイツに関しては僕は全く自信が無いんですよねぇ。
ただ、今年のナイツはとにかく印象に残らなかったです。前回は(ヤホーなのを除いても)かなり印象に残ったのに。
土屋さんのツッコミは、僕も全く同じ感想です。友達にも「ナイツのツッコミって下手だよね」っていう人がいますけど、分かってないなぁって思いますね。(偉そうだけど)
モンスターエンジンは、今回本当に残念でした・・・。その「田舎」のネタ、凄く見てみたいです。
ハライチは、ボケの人のキャラクターと技術の相乗効果が堪らなかったですね。
2ネタ目も見てみたかったです><

ところで、この前ドリームマッチを見てたんですけど、NON STYLEの井上さんが、TKO木下さんの「俺らは漫才の練習を2回してる。その代わりみっちりと。」という言葉に対して、「俺らはそのみっちりを100回やってます。」って言ってました。さらに、その次に出た言葉が、「M-1の俺らを見たら練習量の多さ分かるでしょ」でした。
だから2回目以降は一回も笑えなさそうなんだなって思いました。

師匠さんの為だったら般若心経の感想だって書きますよ!な・む・あ・み・だ・ぶ・つ♪


>三郎さん

同じ東京弁ですしね。(思えば、東京弁で優勝してるのって、アンタとサンドとパンクブーブーだけなんですね)
見返してみようと思って、アンタのネタとパンクのネタを見てみたんですけど(M-1のは削除されてましたけど)、やっぱり僕はアンタッチャブルのネタの方が好きみたいです。
勝手なこというと、パンクブーブーはいかにも「漫才」という台本通りにやってる感じなんですけど、アンタッチャブルは「素」でやってる感じがしました。台本を感じないっていうか。
そこが爆発力の違いなのかもしれません。

ちなみに、僕は東京ダイナマイトの2本目が気になりましたw

笑い飯いじりの部分は面白かったですね。
審査員が言うのもどうかとは思いますけど、まぁ、みんな芸人ですからOKなんでしょうねw
来年、果たして笑い飯はM-1を獲れるんでしょうか・・・獲ってほしい。
2010/01/07 Thu| URL | マウスメロン。
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
| home |
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。