蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
とろスかショック
現在住んでる家に越してきて、もう何年経つことやら。
(弟子「師範!幼稚園の頃に引っ越したので12年ですよ!」
 師範「わかっとるわい!あえてボカしとんのじゃこっちは!」)

というわけで12年経つわけですけども。
僕の家は一軒家で、他人の家と家の間に挟まれております。

12年間、ずっと気になっている事がありまして。

学校から帰ってくると、隣の家からたまに凄く良い匂いが漂ってくるんですよね。
香ばしい、ほくほくの温かい家庭の匂い。
それは、冷凍なんかじゃない、愛情こもった料理の匂いです。
油をひいて卵を焼いたような匂いだったり、中華料理屋で嗅ぐようなヨダレがじゅるじゅる分泌される匂いだったり。

とにかく、とっっっても美味しそうな、羨ましい匂いだったんです。

僕はこれが本当に羨ましくてしょうがなくて。
昔から、ほとんどフライパンも包丁も使わないような家庭だったので。(今ではもう、包丁もフライパンもここ5年間は一切使ってないんじゃないですかね。僕以外。)
脳内メーカーで僕の名前で調べると、多分約6割が「チン♪」で出てくるんじゃないでしょうか。(電子レンジね)

お腹を減らして学校から帰ってきた時にこの匂いがすると、いつも「あー、ご飯くいてー」とチンコをビンビンにしていたものです。(異常性欲)



つい先日。
その日は土曜日でした。
土曜日という事もあって、ゆっくり起床して、時計を見たらもう13時でした。

カーテンの隙間から差し込む眩い光に目を細くしつつ、僕は思い切り伸びをして、身体を起こしました。
夢の中で繰り広げてた【ハチマキVSねじりハチマキ】の続きを想像しながらチンコをビンビンにしていました。(これは朝勃ちですよ)

お腹が減ったので、とりあえず1階に下りまして。(僕の寝る部屋は2階)
ウンコしようと思ってトイレに行くと、母親が先に入っちゃってて、しょうがないので新聞を読んでのんびりしていました。


ちょうど新聞のテレビ欄を読み終わった頃に、トイレの方から聞こえる「ジャアァァ~~ッ」という水が流れる音。
そろそろウンコ君が僕の腸内でスクワットし始めたあたりだったので、その音を聞くやいなや急いでトイレに駆け込みました。



ダダダダダッ


ガチャッ!


バタンッ!


むわぁ~





あ・・・あの匂いだ!!!!





あの美味しそうな、愛情こもった匂いだ!!


思わず息を止める僕。
ま・・・まさか・・・

「あ り え な い」

この五文字が僕の脳内でウルトラマンの胸タイマーの如くピコンピコンと点灯する。
ママがトイレにこもっていた時間は、ざっと20分以上。
まず間違いなく、う〇こだ。
しかし、
「うんこ=あの匂い」
の方程式なんてとても信じることなんてできない。

そんなこと考えてる間に、止めていた息が限界に達する。(『手術中』のランプが消えるところをイメージして下さい)

止めていた反動で、思い切り息を吸ってしまう僕。(手術室の扉が勢いよく開くところをイメージして下さい)




むわぁ~





やっぱりあの匂いだー!!!



と・・・ということは、つまり・・・
僕が12年間愛してやまなかった、あの美味しそうな匂いは、
ママのウンコの匂いだったのかよ!

スカトロショック!


僕は、ママのうんこの匂いを嗅ぎながら、いつも「あーご飯くいてー」とか思ってたのかよ・・・。

スカトロショーック・・・



フッ・・・なるほどね。
「冷凍なんかじゃない、愛情こもった料理の匂い」・・・か。
確かにね。
「香ばしい、ほくほくの温かい家庭の匂い」ていうのも当てはまる。

腸内料理。
腸内料理専門店。
うん、ありそうだ。(ないよ)






(夫「手術は・・・・妻の手術は成功したんですか!?」
 医者「手は尽くしましたが・・・。後はもう、【うんまかせ】です・・・。」)




雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< M-1とバトン | home | 美少女リーダー >>
コメント
ありますよね、こういうこと。
私も12年間、ペコちゃん人形のことおかんだと思ってました
2008/12/18 Thu| URL | ぱとらっこ
[ 編集 ]
m(_ _)m
>ぱとらっこさん

優し過ぎるぱとらっこさん。僕は、そんな貴方の事が大好きです。
・・・・ってペコちゃん人形のことおかんと間違ってるやないかー!(ノリツッコミ!?)
確かに気持ちは分かります。
学校に持っていく弁当に、ご飯と間違えてキュリー夫人を詰めてしまった時の母親の「テヘッ♪間違えちゃった☆」の顔は、まさしくペコちゃん人形そのものでした。(そして、詰められたキュリー夫人(死体)の顔はせんと君みたいでした)
ちなみに、関係ないですけど、僕の顔は、回転させたコーヒーにガムシロを垂らした時みたいな顔してます。(意味分からん)

ペコちゃん人形になりたい今日この頃。
2008/12/22 Mon| URL | マウスメロン。
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
| home |
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。