蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
就活であちこち行ったり来たりの右往左往、無駄に減っていく資金を尻目にコウジは今日も女を抱いていた。
疲れた心を癒す為とは陳腐な言い訳で、帰りの電車に揺られた身体そのままに、コウジは腰を中心にその全身をリズム良く動かした。
彼の下でよだれを垂らす彼女の名はマリコ。
出会ったのは五年前、高校一年生の春だった。
不運な事故により、もう二年間ベッドから起き上がったことはない。
趣味は女性には珍しく昆虫採集だった。
特に蛾が好みで、よく花畑や森林、河原に行っては捕まえて、コウジに見せびらかしていた。
補足しておくと、別にコウジは昆虫に興味があるわけではない。ましてや蛾は。
嫌いでもないが、好きとは言い難い。
その程度の認知。
しかしコウジと昆虫には、切っても切れない縁があった。
もしもマリコが昆虫採集を趣味としていなかったら、コウジはきっと彼女を好きではなかったからだ。
一般に昆虫がどう認識されているか。
女性と昆虫。
その空間をも歪みかねない危険なバランス感覚は、コウジの性癖を存分に撹乱し、そして満たした。
「昆虫好きの女を抱いている」
この危うさ。
誰もがスポットライトを求める中で、一人舞台の端っこで背中を丸めて地面を凝視している女。
他に何も求めないその一見気持ち悪いともとれる健気さを、自分は凌駕するのだ。
背中を向けてしゃがみこんでいる女を、まず後ろから抱きしめる。
次に引き倒し、仰向けに横たわったその身体に覆い被さる。
両者にとってその時、仰向けとなった女の身体は、まさにアイデンティティである。
そこを強引にさらけ出させるのだ。

「ハァッ、ハァッ、ハァッ」
コウジはまるで日頃の恨みを晴らすかのように、腰をマリコにぶつけた。
照明が落とされ、窓から覗き込む月の明かりのみが照らす情事。
部屋にはどこから入ってきたのか、一匹の蛾が舞っていた。
飛ぶことをあまり得意としない蛾は、よたよたと飛びつつもその羽を休めることは無かった。
目を閉じたコウジは思い出す。
付き合って一年が過ぎた大学入学前の春休み。
二人とも同じ大学に進む予定だった。
お互いの合格を電話で確認し合い、翌日にささやかな祝勝会を開く約束をしたところまでが彼らの幸せだった。
当日、コウジの携帯にかかってきた不幸の手紙。
なんとも価値の薄い響き、交通事故。
しかし当事者を襲う現実は決して薄いものではなかった。
駆けつけた彼の目に映ったのは、ベッドで瞼を閉じている彼女の姿だった。
意識不明の重体。
周りから聞いた話によると、彼女の信号不注意が原因だったらしい。
事故から数週間経ったある日、行ける時は必ず見舞に行っていたコウジが、いつものように彼女の手をとり自らの今日の出来事を頭で再生していると、
「・・・コウ・・・ジ・・・」
朧げな声が室内に響いた。
「マ、マリコ!」
驚嘆と歓喜と戸惑の入り混じった声がコウジの口から飛び出す。
「良かった・・・マリコ・・・!今、他の人を呼んでくるから」
「・・・待って・・・」
思わぬ制止にコウジの身体は硬直した。
「私・・・あの時、蝶を見たの・・・」
弱々しく揺らめく蝋燭の火のような声だった。
「私は・・・苦手だった・・・蝶が・・・だけど・・・だけ・・・ど・・」
震えだした声、彼女はポロポロと涙を零し始めた。
「憧れちゃった・・・コウジ・・・私は・・・蝶には・・・」
暫く無音が続き、次に出る言葉はついに無かった。
それ以来、彼女は再び深い眠りに就いたのだった。

果てたコウジは、その人形の如き肢体をようやく解放した。
射精後に必ず訪れるこの虚無の空気は、彼に「無」を与えてくれた。
全てからの解脱。
なんて、なんて男は醜い生き物なのだろう。
求め合う異性の間に生じるどうしようもない歪み。
彼女は、強引に眩しい照明に晒されたのだ。
昆虫を愛した少女を、人間を愛する女性に変えてしまった。
それをしたのは男である。
そしてそれを求めたのは女である。
人間を愛した女は、男には何の価値も無いモノだった。
交通事故の日、男はまだこのことに気付いてなかったが、女は薄々自身の変化を認めていた。
本当に翔んでいたのか、あるいは彼女が見た幻だったのか。
蝶に気を取られた彼女は、まるで道を外れたことを神に咎められたかのように事故に遭った。
「愛されたい」
普遍的な欲求が招いた皮肉。
あの日、一日だけ意識を取り戻した彼女が伝えた気持ち。
それによってようやく男は気付けたのだ。
彼女の変化に。
自分の欲求に。

モラトリアムを享受する彼は、きっとまた明日もここに来て、彼女を抱くだろう。
ギリギリのところで変化を止めた彼女は、まだ輝いていたから。
しかし彼はどうだろう。
今度は俺の番だな。
そんなことを思う。
いつか内定が決まって、入社する数週間前ごろに、俺は。
蝶を見るのだろう。

服を着、部屋を後にする彼。
飛び回っていた蛾は、月の明かりを受け続けるガラスの壁にようやく羽の休みを求めた。

スポンサーサイト
小説 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
名言
僕の作った名言

買い占めは金を払った万引きである

について反論してみようと思う。


まず反論するには肯定からだ。


「確かにー!確かに買い占めってー!みんなが欲しいものを一人占めするわけだからー!他に欲しい人をないがしろにしてるわけだからー!万引きと同じだよねー!」

見事な肯定である。

皆ニュースで知ってる筈だ。

比較的被害の少ない地域での買い占めにより、まわる筈の物資がまわらない。

本当に必要なところに届かない。

必要なところの物資を、お金を払ったとはいえ奪うわけだから、すなわち万引きと同等である。

思い当るところのある者は、悔い改めよ。



では。

次は反論してみよう。

というか、反論の名言を披露しよう。


ポカリスウェットを水で薄めるのは万引きである

見事だ。

見事な反論だ。

盲点だった筈だ。

カルピスは水で薄める。

しかし、ポカリは薄めない。

すなわち、薄めたら万引きと同等なのである。

どこが反論になってるのかって?


考えるな、感じろ

見事な牽制である。

皆もうすうす気付いていた筈だ。

考えてしまってる。

意味を模索してしまっている。

オナニーの時にティッシュをどこに置いておくか。

とか。


また下ネタかとか言わない

見事すぎて言葉もでない。

君たちは敏感すぎる。

「オナ」の時点でもう溜息ついてる。

「ニー」はもう聞いてすらいない。

そしてもう我慢ならん一言いってやると息をヒュッと吸ったところで、この名言だ。

正直参っただろう。

つまり、


君の反論を万引きしてしまった

といったところか。

華麗すぎる。

もう誰も僕には敵わないのだ。

はは。

おっと警察が来たようだ。

では行ってくるよ。

罪状は「反論窃盗罪」

家宝にできるよ、ふふ。

では、さらばだ。


さよなら、また会う日ま痛い痛いってちょっそんな引っ張らないでゴメンほんとゴメン



雑記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
| home |
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。