蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
拭く
 学校帰りに混んだバスに乗ってたら、後ろの方から声が聞こえてきました。

「あ、もしもし?」
「もしもし」

 同時に2人(男)がもしもしって言いだして。
 なんだ?って思ってたら。

「お前いまどこにおんの?」
「え?(笑) いや、バスだけど」
「あホント?(笑)」

 ここで僕はピンと来ますよね。
 2人ともそこそこ大きい声だったんですよ。まるで周りに聞かせるかのような。
 ははーん、なるほど。
 これはアドリブコントだな?
 ほっほぉ。
 良いだろう。
 お前らの実力、見させてもらおうか。

「え、お前はどこにおんの?」
「あぁ(笑) 俺いまバス」
「(笑) マジで?」

 まぁ、つかみはこんなところでしょうな。
 こっからどう発展していくか。

「じゃあお前、着いたら〇〇駅に来てくれん?」
「あはっ、え、あぁ俺もうすぐ〇〇駅着くよ」
「うん」
「あ、じゃあ着いたら行くわ」
「OKOK」

 同時に着くやん!っていうボケですな。
 なかなか及第点ですよこれは。

「今日××とかと飲みに行くんだけどさぁ」
「マジで?」
「そうそう」
「うん、じゃあ行くわ」
「(笑) おぉ」

 うわー、ボケきれてないわー。
 誘ってねーよ!来んなよ!ってボケでしょ?
 でもそれはボケじゃないよね。
 普通の会話だわー。

「△△っておる?」
「うん、いや、俺はどこでも良いけど、笑笑(わらわら)とかかな」

 ん?

「あ、ほんと?ボーリングあんま上手くないけどな俺」

 あー・・・
 ボケは良いけど、ネタ振りが活きてないっていうか、なんか意味わからないよ。
 △△っておる?っていうのどこ行っちゃったの。
 お客さん、置いてけぼりになっちゃうよ!

「ふーん、あ、ほんと」
「▼▼とかも来んの?」
「飲み代とか、最近オレ金無いわ」
「明日筋肉痛になるわー絶対(笑)」
「うん、バイト最近行ってない」
「この前とかヤバかったもん」

 ・・・?
 あれ?
 なんかオカシイぞ?

「うん、分かった」
「じゃとりあえず行くわ」
「じゃあそろそろ俺切るわ。また後で。じゃねー」
「え、なんで、あいつ最近あれじゃん」
「・・・・」
「うん、ほんと」
「・・・・」
「え?マジで?(笑)」
「・・・・」
「俺もさー、そうそう、あれなんだよね」
「・・・・」





別々の会話だったのかよ!!!



うそーん。
最初あんなに噛み合ってたじゃんっ
うわー何かすげー。
リアルアンジャッシュだよ。

何だか感動してしまった僕でした。


車内でケータイ使うなボケ!!(これが一番言いたかった)






さて。

お笑いの世界へ 大喜利トーナメント】参加受付中ですよっ
締め切りは4月21日(水)なんでお早めにですよっ






3週間ぶりぐらいにジャンプのスケットダンスを立ち読みしたんですけど、終始ニヤニヤしてしまいました。

漫画家が、他の人の漫画をカバーする企画ってよくありますけど、それをあの話で是非やってほしいですね。





ナイナイの長年のレギュラー(ナイナイサイズ~ナイナイプラス)が終わっちゃいました。
なんか、不安な気持ちになるのは僕だけでしょうか。
ナイナイのレギュラーは、今やめちゃイケとぐるナイの2つだけです。(やべっちFCとANNがあるけどね)
両方とも未だに高視聴率を維持してるので、まだ先5年は大丈夫だとは思いますけど。
ナイナイは新番組が長続きしない傾向があるので、ちょっと不安です。
ナイナイって、結構不憫だなって思うんですよ。
ずーーっと2人がメイン張ってきてて。
2番手になることが出来ない。
また、ツイン(例えば最近だとさまぁ~ずと爆笑問題のツインMCの番組)でできる芸人が全くいない。
多分、岡村さんの人見知りっていうのもあるんだと思いますけど(矢部さんが先輩後輩関係なくバシバシツッコんで行けるのと違ってね)。
恐らく、今後永遠に2人で、ナインティナインのみで戦っていかなきゃいけない。
この、かつては得だったはずの「ナイナイブランド」が、ここへ来てマイナスの様相を呈してきてるんですよね。

幼いころからナイナイを見続けてきて好きなので、なんとか、自分たちにハマった新番組を始めてほしいです。
ナイナイサイズ・プラスの終了は本当にショックだったので。(別に毎週観てたわけじゃないですけどね。やっぱ、あるだけで安心できる番組ってありますよね)





なんか急に書きたい衝動にかられたので書いちゃいました。

てへっ



スポンサーサイト
雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
振り出しに戻・・・らない!
ひっそりと成人しましたとさ。

そもそも、僕にとっての誕生日の価値なんてものは、なんていうか、もう、「虚無」、なんですよ。

人生で他人から誕生日を祝われたことなんて、幼稚園で先生が「4月のお誕生日の人、おめでと~っ」っていう月単位でその誕生月の人をまとめて祝うっていう、まるでブタ小屋のブタにするような祝福が最後です。(ブタは誕生日祝われないよ!だから君はブタ以上人間未満だよ!おめでとう!)

ハタチってどんなもんかなーって思ってたんですが、意外と何も起こらないもんですね。
実感がないというか。
とりあえず、ついに10代卒業ということで、なんかまだ中学生の心持ちを引き摺ってる気がしますけど、頑張っていこうと思います。
とりあえず皆、金くれ!金!



さて、人間関係上と言いますか、直接的な成人祝いは1つも無かったわけですが、

「これはきっと神様が僕にくれたプレゼントだ!」って思う出来事は起きてくれましたよ!


お笑いの世界へトーナメント、開催決定!!


お笑いの世界へ伝説の企画がこの度復活!
2004年の夏以来、約5年半ぶりに【お笑いの世界へ 大喜利トーナメント】が開催されることが決定致しました!
なんとこの企画、お笑いの世界へ10周年を記念して復活したものなんですが、実はその受付開始日が僕の20周年の誕生日という、奇跡のような運命のようなコトになってます。
こりゃもう優勝するしかねーぜ!

というわけで、大規模な大会になること間違いなしなので、普段お笑いの世界へで活動しない方も、是非参加して下さい!
ちなみに、受付開始からわずか1日でもう50人を超える参加者が集まってます。(最終的には300行くかも?)
締め切りは4月21日(水)ですので、どうぞお早めに^^




もう1つは、僕の誕生日とは違って非常におめでたいことです。

なんと、ネット大喜利プレイヤーのきずくさんの描いた読切ギャグマンガが、今週号の週刊少年ジャンプに載ってます!

すっすげー!!

かねてからお笑いと漫画には得も知れぬ因果関係があるとは感じておりましたが、それを思いっきり目の当たりにしてしまいました。
もうきずくさんではなく、きずく先生と呼ぶしかないのではないかと思います。

ネット大喜利界において、漫画が雑誌に掲載された方ってこれで何人目なんですかね?あまりよく知らないですけど。

お笑いコンビがいて、その片方はたいてい幼い頃漫画家を目指してたっていうのはよく聞く話ですが、ホント不思議です。
お笑いと漫画、その関係性はいかに。

とにかく皆、今週号の少年ジャンプを是非読もう!(きずく先生の作品が読めるのはジャンプだけ!)





さてさて、これら以外にも、「なんか俺、祝われてるんじゃね?」みたいなことが起きたりしたんですが、それらはみんな大喜利とか関係ない出来事なので、割愛しまーす。(とりあえず今日伝えたかったことはこの2つだったんで)

いやー、苦しいこともあれば、嬉しいこともあるもんですね。
人生、まだ諦めるわけにはいかないです。

希望を持って生きないとね!

成人病になりそうだけど(もうなってるかも)、頑張るぞー!

希望!

光!


とにかく皆、金くれ!金!!



雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
むーちー2、負けてしまいました。
あまりの悔しさにカレンダーを一気に8月までめくってしまいました。
こうなったらもう『お笑いウルトラクイズ』をチームメンバーで上位独占するしかないです。
ロケットランチャーずばばばばーん!!




僕って、たわいもないことで結構笑うんですよ。

それは、「俺にしか分からない笑いだぜ!」とかそういうのでは全然なくて、本当に単なるダジャレや本当にしょうもない下ネタとかでも声を上げて笑ってしまうんですね。

これは、恐らく、僕の性格が大いに関係してるんです。

人見知りの僕が編み出した一種の世渡り術。

人見知りするので、とりあえず笑っとけってことです。

その場の雰囲気が重くなるのが耐えられないんです。
だから、その場を明るくする術を持っていない僕は、もう相手が言ったことに対してなんでも笑うしかないんですよね。

さらに、僕は話題提供が超絶ヘタクソです。

何か話したいんだけど、全く話題が出てこない。

仲の良い友達なら沈黙も平気なんですけど、これがもしそこまで仲良くない人だった場合、もう最悪です。

なのでちょっとでも時間稼ぎがしたい。
だから笑う。

もちろん、僕は笑ってる時にこれらを特に意識してるわけではないです。
いつの間にかそういう風になってしまったんだと思うんです。
性格と周りの環境によって。
だから無理に笑ってるというわけでは全然ないし、本心で笑ってることに間違いないんです。(ただ、何が面白くて何が面白くないかの分別はちゃんと僕の中にあります。でもこの場合あまり関係なくなるんです。「大して面白くないなぁ」と思っても、相手が笑いを取りにきてると判断した場合勝手に笑ってしまうんです。相手がウケを狙いに来てるかどうかぐらい分かるので、条件反射みたいなものなんでしょうね。愛想笑いとは違います。あくまで本心なんです。)

なので、僕が2人きりでいて居心地が良い奴っていうのは、たいがい向こうから一方的に喋ってくれたり、話題提供をしてくれる奴なんです。
例え意味の分からない話であっても、返す言葉ならいくらでもありますから。



後、実はもう1つ、僕が笑いやすいのには理由がありまして。

それは、「なんて返そうか」を考える時間を稼いでるというものです。


これは、なんていうか、ある種、上記の弊害みたいなことでもあるんですよね・・・。

要は、笑い癖があるので、その笑ってる間になんて返そうかを考えてるというわけなんですけど、これは僕の中では副作用なんですよ。


何が言いたいかというと、

【間】が最悪になるんです。



僕は、昔何回か書きましたけど、めちゃくちゃ暗い自分と、めちゃめちゃハイな自分がいるんです。
かつて、中学2年までは、ハイな僕が9割だったんですけど。
中学3年でトラウマを経験してからというもの、暗い僕が9割に逆転してしまいました。

高校に入り、教室ではめちゃくちゃ暗いのに、部活になるとハイになる。
部活の奴らからは、「なんで教室でそのテンション出さないの?絶対人気者になれるのに」と言われ。

さて、自分で書いててうんざりしてきましたけど、要は、

僕には、「ハイ時点の友達」と「暗い時点の友達」という2パターンがいるわけなんです。(予め言っておくと僕は友達少ないです。高校卒業してからというものさらに遊ぶことが減りましたorz)


「ハイ時点の友達」との会話スピードと、「暗い時点の友達」との会話スピードには、圧倒的に違いがあるんですよ。

一概には言えないけど、簡単にいえば、高速とスローテンポってことです。


僕は、ここ数年で随分スローテンポのパターンを使う回数が増えました。
早口じゃない。
多少会話に【間】があっても、違和感が無い。

けど、僕には中学の時の財産があります。

その頃の友達、もしくは(中・高校の)部活の連中と話すときは、高速パターンが圧倒的に多くなります。
早口。
【間】も凄く短い。



話を戻すと、人見知りになった僕は相手の言葉によく笑います。

そして、笑ってる間になんて返すかを考える「クセ」ができてしまってます。

すると、「ハイ時点の友達」との会話についていけなくなります。

これが、すっごく辛いんです。

はっきり言って、ここ数年スローテンポの会話ばかりをしていたので、頭の回転が鈍ってるんです。


また、面白いことが瞬時に浮かぶ人との会話にもついていけなくなってます。
まだ9割ハイだった中学生のころは、「沈黙が怖いから笑う」ということはなかったので、上で書いた「面白くないと思っても条件反射で笑ってしまう」なんてことは一切なく、面白くなかったら笑わなかったし、面白くても笑わずに即座に返しをすることができてました。

でももう「考えて喋る」クセができてしまった僕は、従って頭の回転が鈍り、即座に返しをすることが苦手になってしまいました。
去年、オフ会に参加させて頂いた際、それがネックとなって悔しい思いをしたものです。
ウケようと考えて喋るから、【間】がズタズタになって変な空気にしてしまった場面が何回かありましたもんね><
オフ会に参加されてたメンバーは、ほんとバケモノ級の方々だったのでボケが面白いかつ早い早い。凄いなぁ




だんだん何が言いたいのか分からなくなってきましたけどw

とにかく、ショック、かつ悔しいんです。

5日ぐらい前に中学の頃の友達と遊んだんですけど、まぁ【間】が合わない。
ついていけない。
皆には冗談っぽくだけど「つまらなくなった」と言われ。
「違う!つまらなくなったんじゃなくて、頭の回転が遅くなっただけなんだ!」って凄く言い訳したかったけどできなくて。

その時にしたかった言い訳を、今日ここに長々と書いてるってことですね^^;
要は憂さ晴らしですよ。
これに誰か共感してくれたら書いた意義も出てくるんでしょうけど。(共感できるって良いことだよね)


単純にコミュニケーション不足っていうのもあるんですけどね。
ここ最近はスローテンポの会話すらあまりしてないので。




本当は、まだまだ色々書きたいことがあるんですけど。
声の大きさや、高低についてとか。(こないだも「お前そんな喋り方だっけ?」って言われましたから)

長くなりすぎたので、ひとまずこれだけにしとこうと思います。



とりあえず、誰か頭の回転速くなる方法、教えてくれませんか?

後、おすすめの早口言葉もあれば是非。




P.S.
 この記事、改めて読んでみると、支離滅裂で、しかも日本語下手すぎますね。
 ここまで読んでくれた方は、本当にお疲れ様でしたm(_ _;m




雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) |permalink
| home |
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。