蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
30分くらいかけて、歌についていろいろ書いてたんですけど、ふと幼稚だと感じて全部消してしまいました。

僕なんかに一体、何を表現できるんだろう?

小さい小さい小さい小さい
幼い幼い幼い幼い

あーしょうもな



テレビや本で、自分の尊敬する人物の幼少時代を聞いて、「俺と同じだ!」ってなるたびに、「みんなも同じだよ」ってどこからか囁かれてる感じがします。
ほんの一例に過ぎない。
100人いれば100通りの人生があるわけで。
どれもこれもが、幸や不幸から形成されていて。
じゃあ自分は?
と考えた時。
やっぱり幸や不幸から形成されていて。
何千年にわたって繰り返されていて。
時限や次元は、縦にも横にも広がっていて。

ある種、ペテン占いのそれと似ていますね。
恥ずかしい。

でも、それが支えになったりもして。
背中を押してくれたりして。
いや、一概にはそうとはいえないけれど。
だって、背中を押すのは結局自分次第であって。
僕なんかは、逆にうちに引き篭もっちゃいます。
「この人と同じだ!」

継続
これの繰り返しっちゃー繰り返し。
この人と同じ幼少期であれば、この人と同じ「きっかけ」がくる、とは限らないのに。
ていうか、九分九厘来ないと思った方が良かったりもする。
そっちの方が楽だし。
来ないものを待つのは辛い。
そうして、そのまま、その人とは全く違う人生を送り、やがて死ぬ。

それでも、一生懸命共通点を探してしまうのは、やっぱり心の弱さからなんだろうな。
僕がこうして必死で共通点を探してる時代。

その人が変わろうと努力してた時代。

分かり易いですよね。
その人は、その時代、必死で偉人の過去から共通点を探そうとなんてしてないんだから。
その時点で、「俺と同じ」じゃないわけで。

生まれた時代が悪かったのかな。
そういう情報で溢れ返っちゃってる。
昔は、そういう情報源も少なかっただろうし。

とかいってまた何かのせいにしてる。

小さいなー
幼いなー


要は、自立したいんですよ。
肉体的なこととかじゃなくてね。(これはまた別の話)
精神的な部分です。
いつまですがりついてるんだか。
いつまで、偉人の過去を比喩表現してるんだろう。
僕個人では、なにも表現できてなかったんだ。
空っぽな器に、偉人の過去を注いで、「自分だ」と言ってたに過ぎなかった。

ああああわかってるのに。

書いてて辛くなってきた。

いっそ記憶喪失に陥りたい。
嫌だけどね。

なんで、人は20歳まで赤ちゃんじゃないんだろう。
心。
まだ全てのゲージが0の頃から色んな情報に晒されながら育っちゃうなんて。
20歳まで赤ちゃんで、そこから心が育てば良かったのに。
体力も、生き方も、センスも、全てが20歳のそれ。
でも、心は赤ちゃん。
そんな風だったら良かったのに。

・・・はい、理想論書いて正当化しようとしましたよ皆さん。
見ましたね?
はいでは罵倒しましょう。
また自分主義に溺れてる僕を貶して下さい。


「みんな同じだよ」






・・・・・・・・・・

やっぱり、少しだけ歌について書かせて下さい。

もともと、「邦楽がどうの」とか、「歌詞がどうの」とか書いてたんですけど、そんなものは、上記の理由をもって全て廃棄します。幼稚。

言いたい事は、1つです。


顔をクシャクシャにして歌うのが好き。
それを見るのが好き。


音が高いからクシャっとさすだけではなくて。
もうね、言葉じゃ表現できない感じ。
なんだろう。むずかしいけど。





少し映像が編集されちゃってるけど。
ラストのサビ。
あの歌声と、
首に浮かぶ血管と汗を見てる時。

地球はなんであるのかとか。
生命はなんであるのかとか。
人間はなんで存在してるのかとか。
その答えが、脳を介さず直接心に響いてくる感じがするんです。

脳を介してないんで、答えは結局さっぱり分からないですけど。
でも、なんか心に響くんです。
僕は、それで、満足なんです。


首に浮かぶ血管。

命。




スポンサーサイト
雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
4つ
4つ、書きたい事があります。



1つめ。

声優の神谷明さんが、名探偵コナン【毛利小五郎】役を降板。

めちゃくちゃショックでした。
なんせ名探偵コナンは、僕が一番好きな漫画であり、アニメも中学3年くらいまで初回からずっと見てましたから。(それ以降は、歳相応にアニメ離れしていきました)

ただ、アニメは卒業しても、映画は全部観てます。
全部、劇場で観てます。

でも、来年の映画から、小五郎の声は神谷さんの声でなくなってしまう・・・。

当然、いつか迎えるであろう最終回に関しては、アニメでも最終章はすべて録画して永久保存する気でいたので、そこが神谷さんの声じゃないっていうのは、凄く残念で仕方ありません・・・。

ドラえもん、サザエさんとは訳が違うんですよね。

いつか必ず終わりが来るアニメ(漫画)ですから。
絶対にキャストだけは変わってほしくなかったです。
亡くなられた場合は仕方ないですけど・・・

・・・切ないなぁ・・・




2つめ。

クレヨンしんちゃん作者、臼井儀人先生が事故死。

失踪もとい行方不明になられたのが9月11日。

僕は、頑張って信じ続けました。

けど、荒船山の崖下で男性の死体発見のニュースが流れた時。

すべてが崩れました。


クレヨンしんちゃんには、かなり影響を受けてます。
特に、漫画の方からの影響が強かったです。

なので、僕が小学生の頃に描いた漫画には、随所に臼井先生のパクり的なものがあります。


ご冥福をお祈り致します。





3つめ。

キング・オブ・コントを観ました。

今回、かなり面白かったです!

正直、M-1よりも好きになったかもしれません。

今回特に目を引いたのは、1組2ネタをやるというところ。
まさに僕にとっての理想でしたね!

前回の、わざわざAブロックとBブロックに分ける、みたいな変な制度もなくて良かったです。


僕、人生で初めて採点をメモしながら観ました。
今までは脳内でなんとなーく順位を付けながら観てたんですけど、ちょっとやってみたくなりまして。
自己満足も甚だしいですけど><


【1回目】

 東京03  5点
 ジャルジャル  6.5点
 モンスターエンジン  7点
 ロッチ  6点
 天竺鼠  7.5点
 しずる  5.5点
 サンドウィッチマン  8点
 インパルス  6点

1回目の採点では、会場の採点と合致したのはサンドウィッチマンの点数だけでした。
それ以外は、ことごとく僕と真逆の点数で、ちょっと焦りました^^;
ちなみに、異様に点が低いですけど、それは東京03を最初に「5点」にしてしまったからです。
本当は、みんな一律プラス1点してもいいと思います><

特に語るところなし。


【2回目】(ネタ順です)

 天竺鼠  6点
 ジャルジャル  7.5点
 インパルス  5.5点
 モンスターエンジン  5.5点
 ロッチ  5.5点
 しずる  6.5点
 東京03  8点
 サンドウィッチマン  7点

これもまた一律プラス1点すべきですね^^;
コンマ5点が多いのは、迷いの表れですw

東京03のあのネタは、結構前に見たことがあったんですけど、あんなに面白かったっけ?
やっぱり、演者の気合いとかもあるんでしょうね。


いやー、今回は本当に良かったです!
来年も、今年と同じ感じで良いと思います。
1組2ネタ、素晴らしいです。
ヒューヒュー!




4つめ。

『しんぼる』観ました。

9月20日に観ました。

今更感想書くのもどうかなーって思ったんですけど、『大日本人』の感想も昔書いたので(ブログじゃないですけど)、ちょっと書こうかな。

大した事書きませんが、ネタバレしないように、追記で書きます。

↓↓

⇒ 続きを読む
雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
浅草まんこオフ!
伝説の生ゴミ(まんこ)と、伝説の変態(天才)を、見に行きました。



去る9月12日。
たかさんに「アゴを見せに来い」と言われたので、ビクビクしながら東京に行ってきました。

「まんこを見せてくれたら見せますよ」

という無理難題な交換条件に、たかさんは快く承諾。
ストリップに連れて行ってくれるらしい。
大人が、少し怖くなった瞬間でした。


友達なんていないのに、母親に「ちょっと東京の友達に会ってくる」と嘘をついて12日の早朝、家を出発しました。
電車に乗り名古屋駅まで行って、そこからは高速バスで6時間。
新宿駅のバスターミナルに着いたころには、もうヘトヘトでした。

時間はお昼の1時20分。
とりあえずお腹が減ったので、近くの吉野家に入店しました。

・・・死ぬほど不味かったです。

これが、過労死天国・東京の味かと。
シャビシャビの牛肉。
昭和の炊飯器で炊いたかのような、べちゃべちゃ米。

気分は最悪です。
「ゆとり」の大切さを、痛いほど痛感させられました。


吉野家のトイレでオシッコして蛇口が壊れて水が出ないのを確認したのち、外に出ました。(手を洗いたい!)


そして、かねてから行きたかった【世界堂】新宿本店へ!

画材・文房具の豊富さに歓喜しつつ、急いでトイレに入って手を洗いました。(吉野家め)

もう、文房具を眺めてるだけで幸せでした。
お金が無いのであまり買えませんでしたが、とりあえずトーンとペン先、小型人形だけ買って、急いで再びトイレへ入り下痢便を垂れ流しました。(吉野家め!)



僕の夢とウンコを置いてきた世界堂を後にして、次は銭湯に行きました。


僕は、ホンットに、登山家が僕の顔面を避けて通るくらい、脂性でして。(釘みたいな登山器具刺されても痛いし)

しばらく放っておくと、すぐにテカテカヌルヌルになってしまうんですよ。
髪の毛もベタベタになってしまいますし。

そんな姿で、まんこ(あと他の人たち)とご対面するのは失礼だと思いまして、あらかじめ新宿駅から一番近い銭湯を調べておいたんです。


新宿駅から早足で歩くこと20分。(結構遠かったです)

明らかに常連のジジィどもしか入ってはいけない雰囲気の、こじんまりとした地味銭湯に到着しました。
中に入ってみると、やっぱりジジィばかりで、ピチピチの僕は物凄く肩身が狭かったです。
銃創とか発見出来たら楽しかったんでしょうけど、多分ありませんでした・・・。

番頭さん(ババァ)に「早く出てけ」というアピールを受けて(ティッシュを燃えるゴミの箱に入れたら、「あー、それ、ゴミ箱に捨てないでトイレに流してきて」って言われたり)、腹が立ったので出て行く時に、「長居してスイマセンでしたねぇ」と嫌味っぽく言って、外に出ました。死ね!



時間を見ると、3時55分。

集合は、浅草のロック座(ストリップ劇場)の前に5時、でした。

意外と時間がヤバかったので、せっかく銭湯に入ったのに、汗を流しながら走って新宿駅へ向かいました。


乗り継いで、浅草駅に4時50分ぐらいに到着。

途中、浅草駅に向かう電車の中で、僕の頭の中に思い描く名称未設定さんそのままの人がいて、
「うわ!!あれ絶対名称未設定さんだよ!」
と思ったりしたんですが、全然違う人でした。
あれは一体、名称何設定さんだったんでしょうかね・・・。





ロック座を目指して歩いていると、ロック座の前に、負け犬オーラを出してる集団を発見しました。(皆様ごめんなさい)

ただ、事前情報では、参加人数が10人越えとなっていたので、その集団は5人位しかおらず、少々不安になって一旦そこを通り過ぎてしまいました。

怖いのでたかさんに電話。

「もしもしー、今どこにいますか?」

とカッコイイ声が聞こえてくる。

さっきの集団を見てみると、電話で喋ってる人が見える。

「やっぱりあれか!」と思いながら、携帯片手にそこの集団に近付いていくと・・・。


「おい!あれちゃう?あの子とちゃう?」


電話で喋ってる人の隣の、いかにも怖そうな人が、僕を指差しながら言いました。



ついに接触したーーーー!


未知の経験。
高鳴る鼓動。

電話で喋ってた人が「たかです」と名乗る。
うわぁあ初めましてえぇええ
「マウスメロンさんですか?」
そそそうですうぅううぅ


そして、さっきの怖そうな人は、確か誰かが「あ、こちらHiさんです」と紹介してくれました。
まんまでした。



その場で軽い挨拶などはあったんですが、時間がないという事で自己紹介もほぼナシで、ストリップ劇場の中に入って行きました。

もうすでに始まっていたらしく、入場した瞬間にいきなりもうマンコを拝んでしまいました。
僕の処女の目は、こうしてあっけなく破瓜してしまったわけです・・・


最初は、ずっと大爆笑していたんですけど、いつしか周りの雰囲気が古美術館のソレであることを察したので、すごく真面目に見てました。

アクロバットなポーズを惜しげもなく晒すスト嬢たち。
その秘めたる穴は、どれも全て真っ黒でした。
僕が高校の時にずっと好きだ好きだと書いてきたあの子も、あんなドブマンだったのだろうか・・・

ストリップ嬢がポーズを決めるたびに拍手が巻き起こったり、音楽に合わせて観客が手拍子打ったりしてるのが面白かったです。
僕は、手拍子は一切しませんでしたが、拍手はちゃんとしました。(童貞なのにゴメン)

明らかに常連と思われるおじいさんが、一番良い席に座って身を乗り出してマンコを凝視したり、途中でおじいさんなりのベストポジションにヨロヨロと席を移動してたり、ご開帳やおっぱいブルンブルンする度に手を合わせて有難そうに拝んでいたりしてました。

もうすぐ死ぬんだなって思いました。


約2時間に及ぶステージ。

僕は、ずっと勃ったり萎えたりを繰り返してました。(萎えてた時間の方が長かったですけど)





外に出たら、すっかり暗くなってました。
ストリップ嬢のマンコが目の前にあるのかと思いました。(あ、これ、トラウマだ!)


みんなズボンにテントを張った状態で、2次会の会場へ向かいました。

隅田川が全く見えないビアホールでした。


みんな席につき、ここでようやく皆さんの顔をちゃんと拝見する事ができました。


メンバーは、たかさん、Hiさん、名称未設定さん、赤黄色さん、サムライチョップさん、漢字読めないさん、きずくさん、モチヅ250さん、エネ彦さん
少し遅れて、エントーさん、黒船さん、ガス電池さん
そして、不肖、僕。



御覧の通り、伝説級の方々ばかりです!!
完っっっ全に委縮してしまいましたよ!

本当は、一人ずつサイン貰いたい位でして、あの時全然喋れなかった僕を、思いっきり引っ叩いて胸ぐら掴んで「今しかないんだぞ!」って言ってやりたいですね。


ここでは、まだHiさんが出しゃばることもなくて、皆様の貴重な話を沢山聞くことができました。

きずくさんの、僕にとっては凄く心揺さぶられる話だったり。
サムライチョップさんとガス電池さんとの漫画談義とか。
エネ彦さんからは、エネ障ギャグを伝授して頂けたり。(もう忘れました)

僕は、モチヅ250さんを、物凄く怖い人なイメージがありまして。(あと名称未設定さん)
席替えして、僕の目の前にモチヅさんが来たんですけど、まーもうドキドキで。
その時、僕は「(緊張して)鼻汗が出ちゃいます・・・><」って言ったんですけど、
モチヅさんは、「可能性が出る?」って聞き間違えしておられました。
【可能性】に飢えてるんだなーっと思った瞬間、凄く身近な存在になりました。

あ、あと、しりこだまさんと電話で喋ったりもしました。
頭真っ白で、変な間が沢山開いてしまいました。
エロいこと言おうと思ってたんですけど、あの可愛い声聴いたら、悪いような気がして言う事ができませんでした。
そういえば、んじょもさんからも電話がありましたけど、喋れませんでしたね・・・んー残念っ。




とまぁ、なんやかんやあった後、黒船さんが合コン(なにそれ?)に行くということで途中退席されまして、残されたメンバーはあまりの惨めな気持ちに耐えられなくなり、場所を変えようということに。


しかし、ここで赤黄色さんとガス電池さんともお別れになってしまいました。
完全に、庶民見学をしに来た貴族の目をしておられました。(なんだよう!)




居酒屋に移動し、3次会開始。

主役は完全にHiさんでしたねー。
パンチパーマを当ててるか当ててないかについて、みんなから物凄くイジられてましたけど、その時の顔はわずかに上気し、よく見るとチンコが勃ってるようにも見えました。
Hiさんは、ずっとドSだと思ってたんですけど、あれはどう見てもMでした。タチ悪い!

「アナルを舐める」、「アナルを舐められる」、「たかさんの鼻がカッコイイ」、など楽しいお話が聞けました。(アナルとたかさんの鼻が同列扱い!?)


当日、ぼけおめの結果と、ゴリトナの結果が出る日でした。
みんなでケータイで結果を確認。
ゴリトナは、この時いた青のメンバーは全員勝利を収めておりました!やったね!

漢字読めないさんもゴリトナ出れば良かったのに。
僕と一緒に童貞パワー見せつけるチャンスだったのに。(不名誉)





こうして、爆笑の嵐だった3次会は終わりを迎えました。


時間を見ると、もう深夜3時近く。


みんなで漫画喫茶へ移動、家が近いという名称未設定さんとはここでお別れし、それぞれ個室へと入って行きました。

サムライチョップさんは、わざわざ部屋を変わって頂きありがとうございました。
お陰で寝ちゃわないで済みました。




早朝6時前。
漫画喫茶から出る時に偶然会ったきずくさんと共に駅へと向かい、そこできずくさんともお別れしました。



こうして、僕の中のオフ会は、完全に終幕いたしました。






皆様、今回は本当にありがとうございました!
物凄く貴重な体験をさせて頂きました。
人生初の生まんこがストリップ。
素晴らしいじゃないですか!(あぁ・・・)

家に着いたら、そのまま泥のように寝てしまいまして、結局20時間近く夢の中でした。

人数が多かったので、あまり話せなかった方もいましたのが唯一残念でした。
あと、気を使わせてしまう場面が多々ありました。本当に申し訳なかったです。(金銭の面とかもスイマセンでした)

今度は、もっとネガティブ感情やシャイを克服して、ばんばん会話に参加できるようになりたいですね><;

楽しかったです!^^




最後に、今回の参加者のそれぞれのイメージとか書いて終わろうと思います。


たかさん(あんなブログ書いてる人には見えないくらい爽やかでした。お誘いありがとうございました!)
Hiさん(強さの中にもおちゃめな部分を持ってる方でした。盛り上げ上手!)
名称未設定さん(身を一歩引いておいて、上から目線の横やりを入れる様は、完全にイメージ通りでしたw)
赤黄色さん(あまり喋れなかったけど、家に連れて帰るなら間違いなく赤黄色さんです)
サムライチョップさん(もっとお若いと思ってました。笑顔が凄くキュートな方でした!)
漢字読めないさん(一瞬「高校生!?」と思いました。常に感動しきりの純粋人間)
きずくさん(大柄で、Hiさんの後ろに黙って立っていたらきっと一番怖いですw)
モチヅ250さん(職人っぽい雰囲気がありました。煙草がよく似合う!)
エネ彦さん(髭がダンディ。アナル見える時に興奮するとか、僕とエロ思考が似てました)
エントーさん(ほとんど喋れませんでしたけど、とにかく温厚そうでした。伊達眼鏡?)
黒船さん(全然喋れませんでしたけど、オシャレでカッコよかったです)
ガス電池さん(優しそうで、可愛かったです。キスが上手そうだと思いましたw)




長くなっちゃいました。
クドくなっちゃいました。

どうもありがとうございました!




雑記 | トラックバック(0) | コメント(9) |permalink
ブーム終焉もろもろ
3週間ほど前に、生茶ブームが終焉しました。
やはり、お~いお茶でした。
浮気しててゴメンネ。




自分の、【センス】のズレが無かったと分かった時の、妙にドキドキした嬉しさが、ありますヨネ。

あります。


人は、生まれた時から、ある程度の才能を備えて生まれてくると思うんです。

それは、ほぼ不動のモノだと思います。

それは、センス、とも、呼べるでしょう。


センスに、レベルの高い低いがあるかなんてものは、僕は知らないですが。

それは、自分にとっては、唯一無二なんだと思うんですね。


ただ、もちろん、自分が生まれた時と、長生きして、死んだ時のセンスが、同等のものかと言えば、違う。

不動のモノとは言ったけども、そりゃ何十年と生きてれば、きっと変わっていくでしょう。

多分だけど。


でも、とりあえず、今は、その前提はナシというか、今現在持ってるセンス、についての話ということでお願いします。



単純に、【自分のセンス】がズレていない、って分かると嬉しい。

レベル?

知らない。

そんなもの、いっっっっさい関係なく。


大事なのは、「自分のセンスが高いと分かる」とか曖昧すぎて誰がそれを証明できるのかも分からない意味不明なコトではなくて、

「自分のセンスは、やっぱり自分のセンスだ!と分かる」こと。なん。です。



例えば。

ずっと昔に、良いなーって思ってた曲があったとして。

作者は分からない。

月日が経って。

再び、これ良いなーって思える曲に出会う。

調べてみてビックリ。

ずっと昔に良いなーって思った曲と、作者が同じだ!


やったー!

自分のセンスは、ズレてない!

「ボクのセンスは、間違いなく、ボクのセンスだ!」




こんな感じです。

分かりづらいですけど。



この時、ドキドキしますヨネ。

嬉しくなりますヨネ。



例え、ソレが、世間的に、低評価だろうが。

高評価だろうが。

いっっっさい関係ない。



嬉しくなるよね。




自分のセンスを、押し殺してる人、多いなって思います。

こんなもの、自分のセンスじゃない。って。

なんというか、自分のセンスを、他のセンスと、すり替えますよね。

情報が多すぎるからなんだろうなぁ。


これが好きな俺、輝いてる。

これがワカル自分、特殊。


ベタでいいじゃない。

人気でいいじゃない。

逆に、不評でもいいじゃない。


あー、もったいない。押し殺すなんて。すり替えるなんて。





一応補足しておくと。

「考え方」は、バシバシ変わっていきますよ。

新たな刺激を受けるたびに。

二転三転して。

なかなか定まらない。


でも、それは、人間は、考えることができるから。


だから、考え方は、バシバシ変わっていく。


「センス」と「考え方」って、似て非なるものですよね。

まー、これ以上はー、クドくなるのでー、書きませんけどー。






ちなみに、センスの、「有無」は、確実にあります。

だって、僕、ファッションのセンス、皆無!ですもん。

泣きたくなるぐらい、分かりません!


何がカッコ良くて、何がダサいのか、さっぱりです。

これを、「センスが無い」って。言う。のかなぁ・・・w


ファッションセンスが欲しい!!!!!!!!!!


あ、あと、ブサイク治したい。

あ、人見知りとか。

性格とかも。







練習大喜利。
 【お題】 おかんにビデオ予約を頼んだのに、忘れてたらしく頼んだ番組を録画してもらえませんでした。 その時のおかんの言い訳は?

  「あり余ってる!」




雑記 | トラックバック(0) | コメント(12) |permalink
| home |
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。