蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
災害 in SAY DO!
プレイグバインが無期限休止になるようで、いよいよ僕の活動場所も無くなってきました。
どなたかお薦めの大喜利サイトとか教えて下さい。




いよいよ僕の通ってる大学までもが新型ナンチャラに汚染されてしまい、休校措置が取られてしまいました。
やっほーい!
6月は祝日が無いし、7月も何故か海の日普通に講習あるしで、「いやだなー、しんどいなー。」と思ってたとこだったので、非常に嬉しいです。
5連休だって!うふふ。
髪切るぞー!マイク買うぞー!
うふふ。(腕まくりとチンコの皮まくりをしながら)





さて、ウイルスの事も【災害】と呼ぶのだとすれば、やはり災害というのはいつ起こるか分からない、身近な危険なんだなぁと思わされるわけです。

というのも、今日、家の近くで火事がありまして。

今日大学が急遽休校になってしまった僕は、怠惰に昼過ぎに目を覚まし、『いいとも』を見た後にノロノロと弁当を買いに行ったんです。

生活用道路を抜け、車通りの多い道に出た途端に聞こえてくるサイレン。

「あれ?これって救急車じゃないよな・・・、パトカー?」なんてまだ脳ミソが覚めてないとしか言いようのない事を考えながら自転車を漕いでると、向こうから真っ赤でゴツゴツした車が来たんです。

「あ!消防車だ!」と思いながら、その真っ赤な車と刹那の邂逅を果たしたわけだったんですけど、明らかに僕の家の方に向かってたんですね。

「まさか・・・ね。」と思いながら、僕は顔を正面に向き直して、いざホッカホッカ亭に向かいました。

そこで天丼と鶏マヨ丼を買って、せっかく涼しかった店内からまたうだる様な熱空間に出て、イヤ~な気持ちになりながら自転車を漕いで家に向かったんですけど・・・。


あれ?

あれあれ?

10分ほど前にすれ違った筈のアノ車が、まだあんな所にいるぞ??

おかしいな。

パンクかな?

未来に帰る装置が壊れたのかな?



・・・と実際そんなわけはなくて、よく見ると少数の人だかりもできてるし、「あー、これは・・・結構近いとこで火事があったんだなー」って思いました。


家に帰るためにその消防車が止まってる道を通る必要はなかったんですけど、野次馬精神丸出しでちょっとだけ見て行こうと思って、少しだけ遠回りしました。

近づいてみると、ビックリしたんですが、消防車、4台もありました。

車通りの多い道から、少し住宅街に入ったところにあるアパートで火事が起こったみたいで、車通りの多い道からそのアパートへ行くための道が、まるまる「KEEP OUT」みたいなテープで進入禁止になってました。



ま、僕が見た時にはもうすでに火も消えてたみたいで、5秒ほどですぐ家に帰りました。
暇な主婦たちがいっぱい見物してたので、それにも嫌気がさしてとっととその場を立ち去りました。


結果、消防の対処が早かったのか、大した火事にならずに済んだようです。
アパートも、一室だけ燃えただけだったようで、被害も最小限といえる・・・・かな。

とりあえず、多方面に燃え広がらなくて良かった><

消防の皆さん、お疲れ様です!





野次馬精神で火事現場に寄った時、やはり少し焦げ臭かったです。

やっぱり、「匂いの記憶」って、凄く覚えてるもんでして、過去を色々と思い出してしまいました。


小学生のころ、習字教室に通ってました。
週に1回。
商店街の一画にその教室はあったんですけど。

ある日いつものように習字教室に行ったんです。

すると、いつも目立たずに佇んでいたお隣の文房具屋さんが、あられもない姿に変わり果ててしまっていたんです。

真っ黒!

黒焦げた骨組みと、焦げ臭さのみを残して、全てが焼かれ尽くされてました。

習字の先生に聞いてみると、火事で何もかも燃えてしまったとのこと。(けど住民(店主?)の方は無事だったみたいです)


未だ忘れない、あの燃え死んだ文房具店の、妙な恐怖感というか、圧迫される感じ。

好奇心の塊だったので、習字教室友達と一緒に、「中に入ってみようぜ!」と3人でその骨だけの建物の前に立ったんですけど、みんな中々前に進めない。

立ちはだかる、圧倒的な存在感。

当時は、なぜ中々前に進めなかったのか、自分たちでもよく分からなかったんですけど、今思うと、あれは「恐怖の象徴」だったんだなって思います。


死んだ家。
骨だけで。
真っ黒で。
焦げ臭くて。
かつて売り物だったであろうびしょ濡れになった「ジャポニカ学習帳」。


今だから言える、あれは「恐怖」だったんだなと。

結局、みんな勇気を出して中に足を踏み入れたといえば踏み入れたんですが、2mぐらいですぐにアスファルトの地面に逃げ出していました。




幼い頃から、火事を甘く見てる節はありました。
というか、きっと、自宅が火事になったとかの経験者の方以外だったら、みんなかつてはそうだったんじゃないかなと思います。

耳に入ってくるだけの火事の情報のみでは、全く怖くない。

けど、目の前にした時。
あれは、この世の恐怖でした。
きっと、あの恐怖を、僕は二度と忘れない。



・・・といっても、やはり、こんな経験をしたとしても、どうしても他人事に感じてしまう事は何度もあるんですけどねw

これまた小学生のころ、同級生の家が全焼したという噂があったんですけど、当時僕はそれを笑いながら話のタネにしてましたし^^;

「昨日山火事あったんだよ!」と人から聞けば、笑顔で「え!?マジ?どこどこ?どんな感じだった!?」とはしゃいでましたし。


結局、こんなもんなんですよね、僕ってw





ま、今回、結局何が言いたかったのかというと、
「火事って意外と身近なことだよね!」
ってことですw


火事の恐怖とか語るつもりはほとんどありません!

だって、怖いのは当たり前だもんねっ



あ!
一句浮かんだぞ!



   火事火事と

      騒ぎ立てつつ

           舵まわす




んじゃ!また来週!

マイマイ!





スポンサーサイト
雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) |permalink
6月14日
福ちゃん(福田麻由子)の笑顔が好き。



ぼけおめクラシック、負けました。
投票締切当日、投票者数が跳ね上がり点数の変動も激しかったです。
最終的に僕は、縦関数さんに4点差で敗北しちゃいました><
ダークホースになりたかったなぁ・・・。
悔しい!
こうなったらもう、縦関数さんには「ぼけクラ」優勝して貰うしかないです。
他の戦い全部10点以上差を付けて勝って、優勝した暁には「いや~一番苦戦したのは初戦でしたね~」とか言ってくれたら嬉しいです。
・・・99%ここ見てないと思うけど・・・w

とりあえず、ぼけクラのお陰で少し大喜利欲が湧いてきてるので、これからも色んなサイトに顔出していこうと思います。





・・・・・・・・・・・・・

えっと。

断片的ではあるんですが。

構想は結構いっぱいあるんです。

ただ、それをなかなか具現化できないっていう。

というか、具現化以前に、まだ全然頭の中で纏まってすらいないんですが。。


目標としては、夏休み。

夏休み中に、一作完成させて持ち込みしたいなーっと。

漫画の話です。


なんとか、せめて10代のうちに1回は持ち込みしたいなー。
漫画の作り方って色々あると思うんですけど、例えば「こんな設定のストーリーを描きたい」とか、「こんなキャラクターを動かしたい」とか、「こんな能力は斬新だぜ!」とか。

僕の場合は、「こんなシーンを描きたい」から始まるんですよね。だいたい。(漫画描きでこういう人、かなり多いと思います。)
前後はまだボヤけてるんだけど、そのシーンだけは明確に頭の中に浮かんでいて、そして何故か自分自身で感動してしまう。
自分自身でそのシーンにわくわくしてくるっていうか。

とにかく、「こんなシーン、描きてぇ!」ってなるシーンがあるんです。


そこから、話を膨らませていくわけですが、ま~~~九分九厘納得できないんですよね!
キャラも設定も伏線も、どれもこれも「地味」!「ベタ」!「強引」!

・・・というわけで、断片的な構想しかない、ってことなんです。




また、「こんなシーン描きたい」以外に、もう1つ作り始める要因ってのがあるんですが。
それは、「こういうテーマを描きたい」っていうのです。

漠然としたものから具体的なものまで、色々あるんですけど。

これが、上記の「こんなシーン描きたい」と上手い事ガッシリとハマれば良いんですけどねー。
難しい・・・。




先日、「魔人探偵脳噛ネウロ」の作者の方が描いた37ページ(だったかな?)の読み切りを読んだんですが、正直言って、感服致しました。
松井先生はやっぱり凄いです。
読後感の爽やかさが凄かったです。

僕は、あんなさっぱりした作品を描くことができません。
非常に刺激を受けました。



最近、創作意欲をくすぐるような刺激ばかり受けます。(だからこんな記事を書いてるんですが)

そして、そういう刺激を受けた瞬間、また1つ新しい構想が浮かぶんです。

でも、でも、僕は、メモを取るというのが苦手でして・・・・。

思いついた瞬間、「これはいいぞ!」とは思うんですが、それを文章に起こす気になれなくて・・・。
で、結局いつの間にかその構想は頭の中からスッカリ消えてなくなってしまうんですよね。(もともと忘れっぽい人間だし)



そこで。

もしかしたら、今後、ブログやmixiにたまに変な文章が載ることがあるかもしれません。
タイトルを「ゴミ置き場」とか、そんな感じにして。

気持ち悪い詩(歌詞)とか、変な物語とか、載っちゃうかもしれない。

もしも載ったら、それはマウスメロンが何やら刺激を受けたという事なので、その時はどうか温かく見守ってやって下さいまし。
「中二病死ね!」とでも思って下さい><


ちなみに、たぶん載る文章は、頭に浮かんだ断片的な構想を載せるだけなので、メッチャ意味不明なものが載ると思います。(僕ですら「これなに?」と思いながら載せると思うし)

気にしないでね^^







中学校までは、「漫画家になりたい」と思って漫画を描いたりしてたけど。
今は、「作品を読んで認めて貰いたい」という思いで描いたりしてます。
将来を眺めるより、現在を認めて貰う方が圧倒的に大事ですね。
繋がりたい。繋げたい。




雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) |permalink
ぼけクラとニコニコ現象
さて、6月ということで、これから更新回数はうなぎ昇りですよ!



心臓に悪い「ぼけおめクラシック」について。
現在投票中で、今日の23時締切です。
僕の対戦相手は縦関数さん。
デッドヒートを繰り広げております。
現在、お互い1勝ずつ取って、残り1勝を巡って物凄い攻防をしているところです。
一応勝ってるんですが、5点差です。
正直、いつ追い抜かれるか分からない状態です。
非常に心臓に悪いです。
いやだーっ久々の大きい大会なのにーっ負けたくないーっ

僕って、「抜きん出て1位」って取った事一度もないんですよね。
いつも、どこのサイトでも、大概、【中の上】。
爆発力が欲しい!





話変わりまーーす。

正直に言えば、僕は「ニコ厨」です。
かなり活用してます。

まぁ、ネットをやってる身であれば、ニコニコ動画を見ない人ってあんまりいないとは思うんですけどね。

ただ、それを現実世界でおおっぴろげに公言したり、現実世界に持ち込んだりは絶対にしません。



ぶっちゃけ、現在この世はニコニコ現象が起こってると言っても過言じゃないのかもしれません。

大学内であちこちから聞こえてくるニコ動関連の言葉、絵、セリフ!

酷い話、大学の教室の机に、しょっちゅう落書きされてるんです。
どの机に座っても、ニコ動で見覚えのある絵やら言葉が落書きされてて。
非常に気持ち悪いんです。
「大学生にもなって机に落書きかよ」
というのと、
「ネット上のモノを現実に持ってくるとか・・・・」
っていうのがあって。


ショックだったのは、僕と関わりある人間にもそういうのが多くて多くて。

大学で仲良くなった奴と、友達の家で麻雀やってたんです。
ジャラジャラやってると、ふいに。

「きみのことみっくみっくにしてやんよ~♪」

と初音ミクの大ヒット曲をいきなり口ずさみ始めやがった、大学の友達A。
そいつは、全然オタクとかの感じでもなくて、いたって普通の茶髪野郎です。

その曲を知ってる俺はビックリしつつも無視してるんですが、ネットをやらない友達Bが気になったのか、「何その曲?」と聞いて。
「・・・え?知らん?初音ミク。」
と友達Aは平然と答える。

この間ずっと僕は無言でした。
嘘つくのが苦手なので「知ってる」とも「知らない」とも答えずに。




他にも、法学の授業を受けてた時。
さっきの麻雀の奴とは別の違う奴と一緒に授業を受けてたんですよ。
そいつも全然オタクな感じじゃなくて、むしろ女子とよく話すカッコイイ奴なんですけど。

授業がだるいのか、プリントの裏とかに落書きし始めたんですよね。(机に落書きするのは最悪だけど、これは全然OKです。僕もしますし)

しばらくすると、プリントの隙間が無くなったようで、過去の落書きしてたプリントを漁ってまだ描けそうなのを取り出したんです。

いざ描こうと、そいつがプリントを裏返した瞬間、目に飛び込んできたのはまたもや「初音ミク」!

「え・・・え~?」と心の中で思いつつ、さっきから絵に色々ツッコンだりしてたので無視するわけにもいかず、「うわっ!この絵上手いねー!」と、あくまで「ただの女の子の絵」として褒めました。

・・・しかも・・・・ビックリしたんですが、しばらくすると、そいつ、落書きしながら急に「男女男男女男女♪」と口ずさみ始めたんですよね・・・。




こういう出来事は、あとを絶たないです。

大学内の食堂で昼飯を食べてた時。
ちょうど向いの席に、英語の授業でクラスが一緒の奴がいまして。
男2人、女1人で談笑してたんです。
正直、全然イケメンではないので嫉妬しつつ(ちっさ!)、耳を少し傾けてみると、何やらカラオケの話をしてるみたいで。

「・・・あとは~、パーフェクト教室とか~。」
「あー、チルノ!」

えーーーーーーー!
女子がいる前で、というか、女子も混じって普通にニコ動の曲の会話してるーーーっ!

ありなの!?それ、ありなのーー!?

女の子に好かれたくて必死に繕ってる俺って一体ーーー!(成果は0だけどな!)






他にも、構内を歩いているとふいに聞こえてくる最近実況動画で有名なゲームの名前だったり。
なんかもう、凄いです。

これを、ニコニコ現象と呼ばずになんと呼ぶ。


恐ろしい世の中です・・・。

というか、僕の考えが古臭いだけなんですかね?

テレビで「キター!」が使われただけでお祭り状態になるような頃からネットをやってるもんだから。

ネットは、現実世界ではタブーと思ってしまってるのかもしれません。

もう、そういう時代は終わったんでしょうかね・・・。

確かに、最近ではコンビニで初音ミクの曲が普通に流れてたり、テレビで「ボーカロイド」が取り上げられたり、どんどん現実世界に侵食してってるもんなぁ・・・。


いやいやいや、でも、やっぱり何かおかしいよ!


正直、さっきの「パーフェクト教室」について話してた男女3人組は許せます。
だって、お互いがお互い「ニコ厨」である事を知ってるわけですから、そういう仲間だと納得できます。


でも、ネットやってるかどうかも知らない人の前で、いきなり「きみのことみっくみっくにしてやんよ~♪」とか口ずさみ始めたり、ネット関連の絵を机や紙に消さずに描き残したり、それはちょっと異常です。
(特に、机に描き残してる奴は、正直頭おかしいです)



ネットって、どんどん軽く見られる存在になってきてるんですねー。

ネットが軽く見られる存在になったら絶対駄目だと思うんですが・・・。

高2の頃、友達の家で、当時小5の妹の部屋で「ひぐらしのなく頃に」という漫画を発見したこともありましたし。(この漫画、僕はあんまり知らないんですが、小5の女の子が読む内容ではなかったはず)

ネットは、軽く見られてるのに加えて、時代の最先端を行ってると、初心者は勘違いしやすいと思うんです。

ネットで「ひぐらしのなく頃に」が評価されてるのを見て、小5のこの子は、思わず背伸びをしたくなったんだと思います。
周りに合わせたくない。
自分だけ少し特別になりたい。
センスあると思われたい。
みんなが知らないものを自分だけが知っていたい。

こういう思考が、いつの間にか「ネット崇拝」に繋がると思うんです。


ニコ動は、こういう面でも危険なんですよね。

例えば、久本雅美の評価が最近ガタオチしてるのも、間違いなくネットの影響ですし。

周りに左右されやすい人は、絶対ネットを軽く見ちゃだめなんですよ。


左右されやすい人と、少なくとも小学生は、現在のネットは本当に危険です。
僕達が小学生だった頃とはだいぶ変わってますし。より危険になってます。


簡単にネット上で犯罪自慢して逮捕されたり炎上したりするのが増えてるのも、軽く見てる証拠です。



性格?潜在意識?の操作もされてしまうと思うんです。

ニコ動では、ロリ崇拝が物凄いです。
こういうの、相当影響受けると思うんですが、どうでしょうか。

ニコ動見て、マチャミに嫌悪感持ったり、ロリコンになったり、韓国あたりを異常に嫌ったり、TBSや朝日新聞を必要以上に嫌悪したりしてる人は、今すぐネット(というかニコ動)を止めるべきです。

影響、受け過ぎです。




人前で初音ミク曲を口ずさむ。
机や紙にネット関連の絵やセリフを描き残す。

これらはすべて、その前兆だと思うんですがねー・・・・。






ちなみに、僕はニコ動は、もっぱら実況動画や料理動画を見るか、音楽を聴くことばっかりに活用してます。
もちろんMADも見ますw

やっぱ、面白いって良いですよねー。





雑記 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
| home |
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。