蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
視える
5月からは更新回数増やすぞーっ!



コンタクトの付け外しにも大分慣れてきました。
素晴らしいですね。
今まで見えなかったものが見える見える。
特に夜!
今まで、僕にとっての「夜」とは、本当に暗くて救いようのない世界でした。
しかし、コンタクトを付けてからというもの、「夜」とはこんなにも美しい世界なのかと実感させられました。
なんでもない、ただの住宅街ですら、美しきイルミネーションと化す世界。
僕はいたく感動しましたよ。
ええ。



そして、なんというか、人間観察も少しするようになりました。

今までは視力低いし乱視だしで、他人の表情・視線がほとんど分からずビクビクしながら生活してきたんですけど、コンタクトを付けてからは、色んな人間の表情も、視線も、行動も、全部がよく見えるようになりました。

目の悪い方は、こんな経験された人もいるかと思いますが。
例えば、教室や電車内で自分のすぐ近くに可愛い女性がいるような気がする時。

見たい!
けど、怖くて見れない!
その人の目線が怖い!
他人の視線が怖い!
みんな僕の事を見てるんじゃないか!?
わずかな黒目の移動も見逃さないんじゃないか!?
ここで見てしまったら、その事がバレてしまうんじゃないか!?

このような葛藤が永遠と頭の中で繰り広げられ、結局、黒目を動かさずに視界の端っこに僅かに映るその「可愛い女性のような物体」を見るだけで終わってしまう・・・。

こんな悔しい事ありませんっ。


でも、コンタクトは万能でした。

見える!
誰も俺の事なんて見てないじゃないか!
ああ、一体今まで何を心配してきたんだろう!
黒目動かし放題じゃ!
黒目祭りじゃー!

というわけで、僕は現在、通学2時間ずっと視姦に精を出し続けております。というわけです。




うん。
というか、これじゃ本当にただの変態だ・・・。(いや、変態ですけど・・・)


違います違います。
これだけではないですよ。当たり前のことながら。


大学の授業には、いっぱい色んな人がいますからね。
その人たちを見てるのって、ちょっと新たな発見とかがあって面白いです。(今まで視力悪くてそういう発見が全くできなかったから、ちょっと嬉しくて^^;)


この間ビックリしたんですけど、とてもモテそうにない女性が僕の前の方の席に座ったんですよ。
ポニーテールなのに髪ボサボサ。おおよそ大学生とは思えないファッション。大きい変な色のエナメルバッグ。きったねー靴。

僕はこの人を見て、「あー、きっと俺と同じで青春謳歌できてないんだろうなぁ・・・。ああ同志よ。」と温かい目で見ていたんですが・・・。

そこに現れた、これまたとてもモテそうにない男性が1人。
髪ボサボサ。何故か弓道の弓を袋に入れて持ち歩いてる(どっか置いとこうよ!)。おおよそ大学生とは思えないファッションⅡ。きったねー靴Ⅱ。

僕はまた、この人を見て「あー、きっと俺と同じで(略」と温かい目で見ていたんですけど、なんとビックリ、さっきの女性の隣に座ったよ!

そして隣にその男性が来た事により物凄い笑顔になる汚ねー靴の女性。
ああこれは・・・・





恋人同士だ!!!





・・・・・・・死にたくなりました。

僕だけだったんだね・・・・
青春を謳歌できてないのは・・・僕だけだったんだね・・・・


人間観察が仇となった瞬間でした。

僕は自分の目を潰そうとする右手のチョキを必死で左手のパーで食い止めつつ(負けてる)、胸がギュンギュン締め付けられる感覚を覚えました。


全く僕は何をやってるんだ。

せっかくコンタクトを付けて人の目も怖くなくなったのに。

今まで散々自分が消極的な理由を、「視力が悪いから」と言ってたじゃないか。

ウソだったのかあれは・・・。

結局勇気がないんじゃないか。

教室で後ろ姿の女性だけで勃起してる自分が非常に情けない!

もう後姿だけで満足してしまってる自分の、その女性への耐久力の無さが酷過ぎる。

良いよね、後ろ姿。

顔なんて関係ない。

後ろ美人なだけで、もう僕は満足なんだ。

みんな美味しそうだよ。

よだれがとまらないんだ。

げへげへ。

ねぇねぇ。

おじょうさん。

そのかみのわけめによだれたらしてもいいかなあ。

そのぶらじゃーのせんにゆびをのせてつぅーってやっていいかなあ。

うしろからおっぱいもんでいいかなあ。

げへげへ。

あたまなでなでしたいよお

そのかみのわけめに500えんいれるからさあ

ぼくのおうまさんになってくれよ

おしりをぺしぺしたたいてやるからさあ

ねぇ

ねぇ

ねぇってば


あ、振り向かなくても良いよ。前だけ向いてて。そうそう、OKOK。


げへげへ

ねぇってばあ









研究者「・・・なんてこった・・・・。」
「まさか、こんなバグが発生するなんて・・・」
「こんなことになるなら、コンタクトなんか付けなければ良かった・・・」

博士「それは違う」

研究者「え?」

博士「これはバグなんかじゃない・・・。」
「多かれ少なかれ、いずれはこうなっていたんだ」

研究者「ば・・・バグじゃなかったらこれは一体なんなんですか!?」


博士「・・・・・・・運命(さだめ)だ・・・・」

研究者「・・・運命(さだめ)・・・・」



博士「ふっ・・・男とは、なんて哀しい生き物なのだろうのう。」(←ちんこギンギンにしながら言ってる)













女の子と愛想笑い無しで、本気で爆笑しながら話したいよorz





スポンサーサイト
雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
外国人
まだ買ってないと思って買った小説が、すでに家にあったという記憶障害。
馬鹿やっちまった・・・。なけなしのお金が・・・。



さて、大学。

今僕が通ってる大学、実は入試の時に英語を受験しなくても良い方式で受験しました。
何故なら、僕は超が付くほど英語が苦手だからです。

でも、カリキュラムを組む上で、英語は必修科目でして。
絶対に英語は授業を受けなきゃならないんですよね。

しかも週2回。

もうね、死ねと。手についたポテチの粉を舐める直前に死ねと。
何の為に英語を捨てた受験勉強をしてきたんだと思ってるんだ。
正直、高3、英語はまっっっっったく手を付けてませんでした。完捨てです。(完全に捨て)

アウトです。アウトソーシングです。(意味?知るか!)


まぁでも。
日本人教師が、日本語で、丁寧に、ゆっくり授業してくれるならまだ良いですよ。

英語、水曜日と木曜日にあるんですが。

木曜日の英語の教師が、外国人なんです。

アメリカ人?イギリス人?知らんけど。

男の。

金髪で。

おっさんで。

太ってて。

茶目っ気たっぷりで。(日本にいる男性アメリカ人って大抵そうだよね、なんでだろ)





超めんどくせぇ




何言ってるのか全然分からないし、ペラペラうるさいし・・・。
なんか英語で書かれたプリントを配られて、それをもとに何か説明してんだけど、全くもって訳分からん。

んでその後いきなり「HEY!エビバリースンダーップ!」とか甲高い声で言いだして。

訳も分からず立つ僕。
周りを見渡すと、なんか色々行動し始めてる。

でも、僕は何をすれば良いのかさっぱり分からずで、なんかもう面倒臭くなって机に腰をかけてボーッとする。

すると僕のもとに近づいてくるその異国人。

「ペラペラペーラ!!(机に座んな的なこと)」

心の中で「FUCK!」と呟きつつも立ち上がる僕。


糞がっ!!(近所のおばさん「昔はこんな子じゃなかったんですが・・・」)


日本語で喋れボケェェェッェェェェェェェェェェ!!!!(近所の大場さん「取材拒否!」)

自国ヅラすんな!べらぼうめ!(江戸っ子ヅラすんな)




こんな時、普通どうするかといえば、隣の人に話掛けて「何すれば良いの?(苦笑)」って聞くのが最善の策ですよね。
もちろん、最初の頃はそれやってました。
隣の人は女子なんで、まぁ話し掛けるキッカケにもなりますし。

でも、その子もどうやら英語が苦手みたいで。

僕が「え?え?何やるの?」と聞いても、「わ・・分かんないよね・・・」と答えて、お互い苦笑を繰り返す始末。

なすすべなし!
アウトソーシングです!


そんな、英語が苦手な子に対して、何度も何度も「今から何やるの?」とか「今のどういう意味?」とか聞くわけにもいかずで・・・--;

あーあ、もうダメだ・・・



僕、訳わからないこと、理解できないことに直面すると、一気に全てのやる気が失われて、まったく動こうとしなくなる性質がありまして。

今の木曜日の英語の授業は、もうそんな感じです。

本当、ふざけやがって・・・。





もうお解かりの人もいるかもしれませんが、僕はこの通り、外国・外国人嫌いなんです。

日本大好きなんです。

みんな、宇宙人の事怖がるくせに、外国人は平気って一体どういうこと??
僕からしたら、外国人は全員宇宙人です。

外国に旅行に行きたいというのも、僕にはさっぱり分かりません。

だって怖いじゃん!言葉違うし、文化違うし!

そもそも疲れるし!(まぁこれは僕の性格的なことですけど。僕は基本、外出嫌いなんで。できることなら、一生家に籠っていたい・・・・。)



「なんで外国人が嫌いなの?」と問われれば、僕は「嫌いだから!」と答えます。

本当に、本当にそれだけの理由ですから。




でも、僕のこの「外国人嫌い」というのは、少々複雑なシステムになってまして。

テレビで見たり、街中で見かけたり、電車内で大声で外国語で喋っていたりするのは、別にそういうのは僕は全く気にならないです。

むしろ、なんだか嬉しくなったりもします。
日本に来てくれてる事に、なんだか感謝したくなるんです。

これはもちろん自国にプライドを持ってるというのもありますけど、むしろそれが逆になってる時もありまして。

「こんな国に来てくれて有難い」とか、「この方達に僕達は失礼になってないか」とか、気を遣ってしまうんです。
なんか僕は日本を卑下して、外国人の方が順位が高いような感じになるんです。僕の心の中で。



つまり、なんていうか、心の中では、外国は好きだし、外国人も嫌いじゃないんです。



でも、現実世界で、目の前に外国・外国人がいて僕に関わってきたりすると、もう最悪なんです。
うっとーしーーーーーーーーってなるんです。
邪魔すんなボケ!ってなるんです。


僕自身も、この心理はよく分からないんですが^^;



後、それが関係してるかは分かりませんが、洋楽も僕は駄目なんです。嫌いなんですよね。
BGMとして聞くなら良いんですけど。

BGMとしてなら、なんだか良い雰囲気を醸し出してますよね、洋楽って。

でも、「聴く」となると、もう最悪です。
お前の気持ち、全然伝わってこねーよ!ってなるんです。


ちなみに、当然のことながら日本人が外国語を歌ってるのもダメダメですね。
お前の気持ち、一回外国行ってんじゃん!ってなるんです。なおさら伝わりません。

ワンフレーズなら良いんですよ。文章ではなくて。
それなら、「あぁ、こういう表現方法ね。良いじゃん」ってなります。


あっ、たまに、僕はそういうのは持ってないんですけど、日本人歌手が英語で歌った歌の歌詞カードに、その英文の日本語訳が載ってたりしますよね。(しますよね?)

もう、そこまでいったら欲張り過ぎで引きます。
そういうのって、本当一体何がしたいんだろう・・・






それと、もうここまで書いちゃったんで、ついでに言っておこうと思うんですが、僕は外国映画も苦手です。
嫌いとまではいかないんですけど、どうも苦手・・・。


というか、まぁ、これは外国語がどうとかではなくて、ハリウッド映画とかの雰囲気が苦手なんだと思います。


もちろん、好きな外国映画も多数ありますが。


あのー、ホームアローンとか、グリーンマイルとか、ああいう感じのは良いですよね。
素敵です。


でも、マトリックスとか、ロードオブザリングとか、スターウォーズ、ハリーポッター、スパイダーマンなどはもう全部全部全部ダメです。

単純に、なんかもうグチャグチャしてるというか、CGだらけというか、ワイヤーというか、もう馬鹿らしくて。

そういう系統(マトリックスなど)の外国映画の中で、唯一好きなのは「ターミネーター」だけです。(「3」は好きじゃないんですけどね)

何でだろうと考えてみたところ、どうも日本の少年漫画的だからじゃないかと推測してます。
そして、必要最小限のCG。(だから必要最小限じゃない「3」はダメなのかも)

1対1。
追う、追われる。(目的あり)
無駄に空を飛んだり、巨大化したりせず、肉弾戦である(銃が効かないというのも良い)。

凄く気楽に見れますよね。


なんですか、空飛ぶやつとか、巨大化(ロボット含む)するやつとか。
舐めてんですかね。
僕は、巨大化(ロボット)に関してはアニメですら拒否反応を示します。

だから、ゴジラとかウルトラマンも当然ダメですよね。(ガンダムもエヴァも全部ダメ)



リアルが大切なのかもしれません。僕は。
巨大化する奴って、どれもこれも表情が無いでしょ。
空飛ぶ(アニメは除く)って、非現実的でしょ。実写でやる必要皆無です。
宇宙が舞台とか、もう頭が痛くなってきます。(これはアニメもそう)
そして、無駄に複雑な設定。
何作にもわたるシリーズ。




超めんどくせぇ





・・・・・・・。

うーん。

今分かりました。

要は、「めんどくさい事が大嫌い」ってことなんでしょうね。僕って奴は。

なるほど!



あっ、これはあくまでも僕の勝手な考えなんで、気を悪くされた方はごめんなさい><




雑記 | トラックバック(0) | コメント(5) |permalink
疲労
ああ・・・ぼけおめ未投稿しちゃった・・・
これでルーキー転落決定かぁ・・・
最近大喜利に対するモチベーションが下がってます
疲労感でいっぱいです
慣れない長距離通学でPCやる時間すごく減ったし
活動範囲を縮小しますか
うーん
一過性の低モチベだとは思うけど
まぁ・・・やりたいときにやってやりたくないときはやらないということで
はい
縮小します
いつまでかは分からないけど
すぐ復活するかもしれないししないかもしれないし
疲れたぁ
  【追記1】
 ちょっとモチベーション上がってきたかも
  【追記2】
 というか「追記1」て・・・「2」「3」と書く気まんまんやん
  【追記4】
 「3」無かった!「3」無かったよ!
  【追記9】
 「5」は「6」の独断により、「7」は「12」の独断により、「6」「8」は神の独断により消えました
  【追記10】
 モチベーションは上がるいっぽう
  【追記11】
 大喜利したいなぁ・・・この記事無かった事にしようかなぁ・・・
  【追記12】
 「一生大喜利とオナニーはしない」と書いた「7」を消しました
  【追記36】
 「オナニーするかしないか」の葛藤を書き続けましたが見苦しい上にイカ臭いので消しました
  【追記37】
 脱衣大喜利とか企画してくれないかなぁ・・・
  【追記38】
 モチベーション上がったり下がったりです
  【追記39】
 サンキューッ!
雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
素晴らしき無意味思考回路
ここ最近忙しくてなかなかPCにも触れず。
まぁとりあえず、今週を乗り越えられれば、だいぶ楽になるハズなので、それまでの辛抱。

本当なら入学式の事とか大学生活の事とかを沢山書く予定だったんですが、なんかどうでもよくなっちゃったw
やっぱ、思ったことは思ったうちに、感動が新鮮なうちに具現化していかないと駄目ですね^^;

ま、1つ書くとすれば、入学式、僕だけ革靴じゃなくて普通のナイキのシューズで行った、って事ぐらいですかね。
いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー恥ずかしかったアレは。

なんせ、入学式用のスーツを買いに行ったのが、入学式前日の夜8時!
裾合わせも、腰周りも合わす事ができず、何度もずり下がるズボンに耐えつつ頑張りましたよ。

前日夜8時に買いに行ったもんだから、革靴買う金なんか無くて。
はぁ・・・。


後、関係ない話ですが、パーマかけて約2週間弱経ったんですけど、だいぶ落ちてきました。
まいったなぁ・・・orz







さて、中二病ってよく聞きますよね。

世間ではこの「中二病」という言葉(人間)は、嘲笑の対象となってる節があります。
もちろん肯定派も沢山もいると思いますけどね。

というか、大概自分の過去と照らし合わせて、自嘲を含んだ見下しでもあるわけなので、ある種の愛に満ちた言葉ではありますよね^^


僕も、恐らく「中二病」であり、そして肯定派です。


「中二病」という言葉を知る前も後も、やっぱり『宇宙の外側には一体何があるんだろう』とか『なんで人間は存在してるんだろう』とか、「結局考えてどうなるの?」と思われそうなことを考えてしまいます。


いわば、一生答えの出ない問いであるわけですけど、それが凄く気持ちいいんですよね。
自分に酔ってしまうと言うには多少語弊がありますけど。

それが「考える葦」である人間ですからね。
間違ってないどころか、これを止めたら人間は人間でなくなりますから。


人間が絶滅する時っていうのは、多分集団自殺で終わると思うんです。

考える事を阻止されてしまった未来の人間たちは、巨大な虚無感に襲われ、そして集団で自殺、または強大なテロで絶滅するでしょうね。

ま、その前に自然災害や隕石、環境汚染で絶滅する可能性も多分にありますけどw



つか、そんなのはどうでもいいわけですよ!(汗



そんな下らない未来予測を書くために今日の記事を更新してるわけではなくて。

今日は、僕の「中二」な部分のほんの一部分を垣間見て貰おうと思って更新したわけです。





よく思うんですよ。

人間って、生まれることすら奇跡とよく言われます。
人間で無くても、動物や虫とか。(まぁ今回は虫は除くんですけど)


生まれて、成長して、生き続ける。

これって、物凄い事ですよね。


例えば、精巧なロボット。

人間を模して、人間らしく動くロボットがあったとして、それは絶対身体の成長はしませんし、感情なんか無いわけですよ。
そして、決定的に、人間ほど長生きではない。

それは、精巧であるが故とは思うんですけども、じゃあそれ以上に精巧過ぎる我々人間は、一体何故ここまで上手く身体が機能するのか?




本来なら、人間(や動物)は、生まれた瞬間から、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと死ぬまで身体を安静にして動かしちゃ駄目だと思うんですよ。

壊さないためにはそれが一番です。

でも、そうじゃない。

人間(や動物)は、どれだけ身体を動かしても、なかなか壊れない。




白状します。

実は僕、これ、よくオナニーしてる時に思うんですよ。

特に、連続してオナニーしてる時に強く思うんです。

射精した瞬間、なんともいえない感覚が股間を中心に体中に広がりますよね。

この時、何か恐ろしい得体も知れない物質が体内で巡ってると思うんです。(なんとかホルモン的な)

でも、人間は身体も壊さないし、死にませんよね。








凄くないですか!?(何がだよ!)






だって、「生命」って、「人間」って、【奇跡】なんですよ?

究極のバランスで、神のバランスで、生まれてきたものなんですよ?

それこそ、何か1mmでもどこかのバランスが悪ければ、人間どころか生命すら誕生できなかったハズなんです!


それなのに、なんですか。

1回生まれてしまえば、オナニーしようが何しようが、なかなか「生命」は消えようとしない。



有名な話、猿と人間の脳みそは、97%同じ構造なんです!(違ってたらゴメンっ><)

たった3%の違いによって、ここまで知力も何もかも格差が生じてしまってる。

この、究極のバランスときたら、もう!



【奇跡】!!




なのに、なのに何故!?

何故、オナニーしても人間は猿に退化しないの?死なないの?

オナニーって、めっちゃ生命バランスをぐらつかせてるハズなのに。

超不思議なわけです。




・・・まぁ、「オナニー」に関しては多少冗談だとしてもね^^;

例えば、メチャクチャ太ってる人がいるとします。



なんで人間と同じでいられるの!?(こらっ!)



だって、もう別の生命体じゃないですか。

「人間」という「究極のバランス」は、とうに崩れ去っているハズなのに。

しっかり「人間」として生命活動を送ってる。




良いですか?
染色体の1つが異常なだけで、人間は重度な障害を負ったり、下手したら死んでしまったりするのに。


なんで、排気ガスを吸っても人間は平気なの?
なんで、銃で撃たれても3ヶ月後には元気な姿で走り回れるの?
なんで、激しくスポーツしても身体は何事もなく機能し続けられるの?


考えれば考えるほど分からなくなります。



そのくせ、猛毒0.0001mlでも人は死ぬしさ。

もう、何が何だかですよ。







なんで、こんな不健康なクソ人間の僕が、19歳まで生きてこられたんだろう!

あと1年で成人だなんて、信じられないよ!

ちょっと前まで小学生だったじゃん!






誕生日おめでとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!






雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
特に書くことがないから更新しよう。
【マウスメロン VS 色白のフラニー】に投票してくれた方、ありがとうございました!
お陰さまで盛り上がりました!
結果発表(リンク)が出てます!
勝敗が気になる方は是非w

対戦して頂いた色白のフラニーさん、ありがとうございました!
面白かったです!そして、怖かったです・・・。





もうすぐ大学生です。
鬱が半端じゃないです。
緊張がヤバいです。

友達2人と入学式に行く予定だったのに、なんと僕の学部と友達の学部の入学式の時間が何故か違う!

僕だけ11時から入学式で、友達2人は9時から。

というわけで、孤独だよ。
独りで大学まで行って、独りで入学式やって、独りで帰宅だよ。


人間、支えがあるのと無いのじゃ、全然違うよね。

友達同士で行けば、緊張をお互い共有し合えて少し楽だけど。
独りだと、その莫大な緊張を心の中で反芻させては増殖させていくばかり。

嗚呼、怖い。
鬱だーーーーーーーーーーーーーーー。

友達できろーーーーーーーーーーーー。







ここ数日で、【初】がいっぱいありました。

初ヒゲソリ。
初コンタクト。
初美容院。
初パーマ。



初ヒゲソリについては先日書きましたから省くとして。


初コンタクト。

僕は、普段裸眼です。
裸眼なんですけど、その視力は酷いもので。
単に眼鏡が死ぬほど似合わないという理由で、ずっと裸眼生活を送ってました。

ですが、ついに意を決して、4日前に眼科に行きましたよ。

眼科でコンタクトを付ける練習をさせられ。
何度も何度もお医者さんから
「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」
と言われながら、必死でコンタクトを目に入れてました。

自分では目を開けてるつもりなんですけど、無意識に必死で目を閉じようとしちゃって。

難航を極めめましたが、なんとか頑張って付け外しができるようになりました。


帰る時に、「これで毎日コンタクトの練習をして、目を慣らそう」と言われて練習用のコンタクトをお医者さんに渡されました。

それで練習をしてたんですが・・・。
練習2日目。
痛恨のコンタクト紛失。

コンタクト外した時にどこかに落としてしまいまして・・・。

明日、また眼科に行かなければいけなくなっちゃいました・・・。

嗚呼、めんどくさい。





初美容院と、初パーマ。

今まで。

人生で。

1300円の。

激安、超ド下手の。

最悪の床屋にずーーーーーーーーーっと通ってたんですけど。


ついにこの僕が美容院デビューを果たしました。


先輩の紹介で行ったんですけど、まー緊張しましたね。

だって今までずっと超庶民的な床屋にしか行ったことがなかったんですから。
いきなりレベルが上がり過ぎ・・・。


なにが緊張したって、行くまでが緊張しますよね。

前日にネットで昼から深夜までずっと「初めての美容院」とか「初めてのパーマ」で検索をかけまくって。

そこで見かける風評の数々に恐れおののく自分。(情けなし!)

でも、やっぱりほとんどの人が初めて美容院行く時は死ぬほど緊張してたみたいだったんで、「やっぱ皆もそうかー」と少し安心したり。

「パーマがイメージ通りに行かなくて最悪・・・」みたいな言葉も数々あって、「やっぱパーマやめようか・・・」と不安になったり。


とにかく、ドライアイがめっちゃ悪化するぐらい、ずっとネットで美容院体験談とか読み漁ってました。



いざ当日。

うんこ漏れそうになりながら、予約の電話をかける。(電話かけるまで10分ぐらいかかった)

ネットで読み漁った情報によれば、「担当を指名するかどうか聞いてくる」、「何をするか聞いてくる(カット・パーマ等)」というのがあったんですけど、まさにその通りでした。

本当にネットで事前に情報収集しておいて良かったと、心から思った瞬間でした。(事前に情報がなかったら、かなり受話器の前でまごついて怪しかったと思う)


予約が終わった後、すぐさまケータイの録音機能で、自分がさっきやった受け答えの再現をしてみる。

録音ボタンを押して、

「はい」

「あ、カットとパーマで」

「あ、はい」

「あ、初めてなんですけど・・・」

「あ、はい」

「あ、名前は〇〇 ▽▽です・・・」


録音したその声を聞いてみると

うわ・・・おれキモい・・・・声うわずってる・・・・滑舌わる・・・・

ってなりました。(そんなんやってる事が一番キモい)




気分は最悪なまま、本日3回目のうんこをして、いざ美容院へ自転車でGO。

美容院について、自転車を置き、自動扉をくぐりました。


こっからは、なんか完全に流されるがままでした。

やっぱプロの美容師は凄いです。
どんどん誘導してくれて、迷うことなく色々できました。

初めての来店だったのでアンケートを書いて。
書き終わった頃を見計らってタイミング良く、「じゃあお預かりしますね^^」と回収。

「ではこちらで頭を洗いますので、どうぞ」
と言われて洗髪専用のイスに座り、人生初の仰向け洗髪。

仰向けは、唾を飲み込む時一緒に空気も飲み込んでゲップが出ますね。

というか、洗髪中に話しかけてきてちょっとビビりました。

「こんな時でも会話するんかい!」となりました。
まぁ、リラックスは出来てたんで良かったんですけどね。


床屋のガサツな洗い方とは正反対の、優しい洗髪が終わったあとは、いよいよカット&パーマですよ。


オシャレなお兄さん(おじさん直前)がニコやかに出てきて、優しくこれからすることを説明。

パーマ初心者だということを伝えると、カタログを見ながら色々説明してくれました。


軽くカットをしたのち、ついにパーマ作業に取り掛かり始めました。
髪の毛をカーラーでくるっくるに固定され、変な液体を頭にかけまくる。
頭皮が死ぬんじゃないかと本気で怖かったです。

まぁそれで約30分ほど放置されたのち、カーラー外されて再び洗髪。

そこで鏡を見た僕は戦慄が走りましたよ。

新☆感☆覚


変な感じでしたね。


あ、あと、さっき頭にかけまくった変な液体(多分パーマ剤)が少し顔に付着してたんですが、その部分が真っ赤っ赤になってました。

美容師のお姉さんが、
「赤くなってますけど大丈夫ですか・・・?」と心配してました。
「お客さん、お肌けっこうデリケートですもんね・・・」と、明らかに顔中に広がる大量のニキビとブツブツを見て不安そうに言ってました。(泣いてないよ・・・泣いてない・・・)



こうして、人生初の美容室は終わりました。


お金を払って帰る時、髪切ってくれたお兄さん(おじさん直前)が、
「今日は車で来たの?」
と聞いてきたので、
「いえ、チャリです」
って答えたら、凄い苦笑されました。


確かに、せっかく美容院行ったのに、自転車乗ったらセットした髪型が崩れちゃいますからね・・・。
あー恥ずかしいw
初心者丸出しだよ><




まぁ、こうして、パーマかけてから3日経ったんですけど。


うーん。



似合ってない!



あー、やっぱこれは失敗したかなー。

いや、パーマが失敗したんじゃなくて、パーマをしたことが失敗だった気が・・・。




ま、いずれ慣れるハズ。






なんか、笑いもオチもない話をダラダラ書いて申し訳ないですw

とにかく、自分的には凄い新鮮だったので^^;




・・・それにしても、財布すっからかんですよ・・・
完全に定額給付金を頼りにしちゃってます。

早く来て!定額給付金マン!





   【 →次回 『初めての整形』 】





雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) |permalink
| home |
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。