蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
帰国というか帰県
東京行ってきました。
そして、帰ってきました。

ただいま。






えー。
老化が進んでおります。
脳ミソの老化が進んでおります。

記憶力の低下が著しいのです。

もう2年くらい前から、著しい。


顕著なのは、人名です。
人名が全然出てこない。
タレントの名前とか、思い出せなくてモヤモヤしちゃう。

「ほら・・・あのぉ~・・・・え~・・・・、あれ?なんだっけ?」


昨日の晩ご飯なんかも、全然ダメです。
思い出すために4分はかかる。
パッと思い出すなんて、神の芸当。

「えーっと・・・家に帰ってきて・・・テレビ見て・・・トイレ行って・・・...」



でも、それに比べて、【内容】とかは結構記憶できてます。
テレビの内容とか。
面白かったボケとか。
このキャラクターのこのセリフとか。



うーん・・・何が違うんですかね?

脳ミソの部位が違うんですかね?

内容重視型。
うん、聞こえは良いですよね。

でもやっぱり、名前とか、起こった出来事とかは、しっかり憶えておきたいところ。

会話するうえで、非常に不便なんですよね。
テレビや漫画の内容を憶えていても、僕はあんまりそういうの話したいと思わないので。

「昨日のテレビ、〇〇だったよね~!」
とか、あまり好きじゃないんで。
会話の流れで、自然にそこに行きついてしまうのは仕方ないと思いますけど。


やっぱ、駄目です。



あ、そうか。
僕に語彙力が無いのは、それのせいだ。

ブログを書いててもよくあるんですよ。
「あー、なんだっけ」って、言葉が思い出せなくなることが。

「えっと・・・あの、男と女が・・・裸で・・・チンコを勃起させて・・・挿れるヤツ・・・・、なんだっけ・・・」

みたいな。(答えは今日の記事の一番下にあるよ☆)





僕って、独り言が多いんですよね。
何か行動するにしても、その度に何かをブツブツと呟いたり。

もちろん、人が居るところでは滅多にしないですけど。

家の中とかでは、もう凄いです。
まるで誰かと喋ってるんじゃないかっていうくらい、メッチャ独り言喋ります。


んで、いつしかそれに慣れちゃって。
ブツブツ言わないと、物事を進行することができなくなっちゃったんですよね。
というか、記憶出来ないんです。独り言しないと。


皆さんも、小学生の頃とか、よく先生に言われたと思います。
「暗記する時は、声に出すと覚えやすいわよ」って。

僕はそれを、素でやっちゃってるんですよね。


受験のために、出願票を書いたときとか、
「ここに名前書いて・・・・・・んで次は住所書いて・・・・・んで次は・・・」
って、ずっと言いながら書いてました。



黙々と作業できる人が凄く羨ましいです。


家に人が居ないっていうのも、独り言の多い原因かもしれません。
兄弟とか、いませんし。
父親も、単身赴任ですし。
母親も、どっか行ってるし。



あっ、そうそう。
僕、漫画読む時も、セリフを呟きながら読んだりするんですよ。
特に、印象的なセリフだったり、カッコイイ場面のセリフだったり、めっちゃ長い(理解しづらい)セリフだったりした時は、ほぼ90%呟きます。

これ、小学校の頃からやってまして。

っていうか、小学校の時の方が凄かったです。

大声でセリフ喋ってました。読みながら。

今はだいぶマシになった方です。(今もたまに大声でセリフ言ったりしますけど)




頭の中でリフレインするのが苦手みたいです。僕。
っていうか、苦手です。かなり。

テレビ見てて、その場で思った感想とか、絶対声に出して言います。
もちろん、テレビで面白いボケとかあったりすると、ツッコミを声に出します。

テレビや新聞でニュースを見て、めっちゃ感想とか考えを口に出します。

頭の中で思ったことが、耳に入ってこないと不安になるんです。
考えがまとまらないんです。


なんいていうか。
頭の中で思ったことっていうのは、なんかフワフワしてて、バラバラで、分散してるんですよ。
でも、それを声にすることによって、固形化されるんです。
フワフワでバラバラだったものが、声となって固められるんです。

んで、その固まった『思ったこと』が、耳に突進してきて、脳に刺さるわけです。

こんなイメージなんです、僕の記憶って。



要は、不安なんですね。
自分自身に問いかけてるんです、きっと。



まぁ、それのせいで記憶力が低下してるんだとすれば、本末転倒も良いところですけど^^;









        答: SEX





スポンサーサイト
雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) |permalink
ほ~ら完成だ。チョコ脇さんだ。
「何度もリテイクを繰り返すチンパンジー(新人)にげんこつするゴリラ(大御所)」
というショートコントを考えました。
YES、考えただけです。




さて、バレンタインデーというものがあったみたいですね。

そもそも、僕のモテ期といえば、幼稚園で終了してしまってまして。
幼稚園の頃は、そりゃもうモテました。

毎日毎日、母親に送ってもらえないので歩きで幼稚園に通ってた僕は、いつも遅刻ばっかしてました。
パパママにおんぶに抱っこな一般園児からしてみれば、この僕のなんとワイルディーなことよ。

しかも幼い時から、常に背の順は一番後ろ。
しかも、スポーツ万能。
さらに、紙ヒコーキの天才。
さらに、人を笑わすのが大好き。


まさに非の打ちどころがありませんよね。へへっ。


そんな訳で幼稚園では毎年バレンタインデーは必ず僕の懐はチョコでいっぱいでした。




それに比べて、今年はどうだ?おい。

2月13日(金)、学校最後の授業の日だったんですよ。
つまり、この日を最後に、もう学校への登校は卒業式と卒業式の予行練習の日だけなんです。

誰かが僕に告白するなり、チョコを渡すなりするには、もう今日しかチャンスは残ってないわけですよ。
残ってないと言っても過言ではない。

なのに・・・。

チョコどころか、ぼく、女子と1秒も話してすらいない。

目も合わないし。(それは俺が常に下向いてるからだ)





実は僕、今年の元旦に、愛しのあの子から話しかけられて、しかもメアドとかも交換する初夢を見たんですよ。
で、その話しかけられてる時の場所というのが、うちの学校の武道場だったんです。

うちの学校では、学年集会とかを行う時には、大概体育館か武道場に集合するんですよね。


2月13日(金)。

3年生全員、武道場に集合要請がかかりました。

武道場に入った瞬間、その雰囲気とか光景が完全に元旦に見た初夢をカブってまして!

んで、クラスごとに名前順(あいうえお順)で整列するんですが。
僕の名前は、ア行で。
でも、彼女の名前は、ヤ行なんです。

そうです。
めっっっっっちゃ遠いんです!



普通ならな!!



その時だけ、その時だけ、何故か、彼女が僕のちょっと斜め後ろぐらいの位置だったんです!
だいぶ近いんです!
名字の壁を越えて!
何で彼女が、ヤ行なのにこんなに僕と近い位置に居たかは不明です。

でも、そんなのはどうでも良いわけですよ。


「これはもしや・・・初夢が・・・実現するんじゃ・・・」

と淡い期待を抱いておりました。







まぁ・・・・実現しなかったわけですけども・・・・






なんやねん神様!なんやねん神様!
いたいけな男子の恋心を弄びやがって!
しかも2ヶ月半にわたる長期ドッキリ!
チキショー!
悔しい!
あー、でも、まだ落とし穴に落ちていなければ、「ドッキリでしたー!」というMCの登場すらも無いなぁ・・・

もしかして、まだチャンスあるのかなぁ・・・




嗚呼、お願い神様!
私を・・・私を・・・救って下さい・・・!!




おっぱいバトンをするのだ。


・・・え・・・?


おっぱいバトンをすれば、汝は救われるだろう。


か・・・・ヒットガン様・・・・!(頭文字ぜんぜん合ってないっ)




というわけで、神様こと一橋ゆりえこと、ヒットガン!さんから回して頂きました。

 【おっぱいバトン】

本当に救われるのだろうか・・・。
いや、疑っては駄目だ!喜んでやりましょう。
では。



1、おっぱいについて語ってください。

 女性が自分で揉んでたり、誰かから後ろから揉まれてるのを見ると、興奮しますね。
 ただそこにあるだけでは全く興奮しません。
 女性が上半身裸でいても、なんの魅力も感じません。
 揉まれてるからこそ、興奮するんですよね。


2、どのぐらいの大きさが好みですか?

 B~Cの間です。(誰か共感しろっ)


3、まずおっぱいを出されたとき、どこを見ますか?

 絶対に形です。
 乳首はあまり好きではないんですよね。
 自分で乳首をイジってるのも嫌いです。
 バイブでイジられてるのも駄目ですね。
 でも、舐めるのは良いですね。僕は舐めたくないですけど。
 舐められてるのを見る分には、良いですね。


4、乳輪は大きい方が好きですか?

 THE けんな!
 ざけんな!


5、おっぱいでショートコントを作ってください。

 ネロとパトラッシュが天使に抱えられて昇天するシーンで。
 なぜか天使の乳首に大量のバターが塗られてる。
 ハッハッハッハッ言うパトラッシュ。
 ハッハッハッハッ言う天使。
 はっはっはっはっ笑うネロ。
 画面が引いていって、そこに映る大きな夕日。
 「完」の文字。


6、自分が女性に生まれ変わるとしたらおっぱいはどんなサイズ、形がいいですか?

 B~Cで、綺麗なお椀型が良いです。
 それでワンピースとか着たいです。


7、おっぱい愛好家3人に(その人がおっぱいだったらどんな感じか説明を付けて)回して下さい。

 やりたい人はどうぞ^^





いやぁ~良かった、これで僕はモテモテだ!
そうですよね・・・?
これで僕はモテるんですよ・・・ね?

ライフイズビューティフル!

はぁ・・・




雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
書こうと思ってたこと忘れた
どうも、10日連続で受験してたんですけど、とりあえず終わりました。
といっても、まだ数日後にも入試が控えてるんですけど--;
しばしの休息です。


ブログのテンプレをまたまた変更しました。
多分キリサキさんに続いて2番目に多いと思いますw

なんかこう、しっくり来ないんですよね、毎度毎度。
僕、テンプレを変更する時って結構時間をかけて選別するんですけど、どうも納得できるテンプレに巡り合えない。
最終的に「まだマシ」なものを選んでるだけなんですよね。

こうなったら、自分で作るか。(観客「わはははははははははっ」)








自分の文章力、語彙力の無さに、嫌気がさします。


伝えたいこと、自分の考えてること、

もとい

知ってもらいたいこと、自分の深さ(自己満足)、

を、文章に表わす事ができないんです。


これは僕がまだ18歳で若いから?ノンノン。
正直言えば、僕の文章力は一般18歳の並み以下だと思います。

ネット大喜利関係の若い人たちの文章は当然のことながら、ただの友達がやってるケータイブログ(つまり内輪向け)の文章にさえ、僕は劣ってます。

よく嫉妬するんですよね、友達のブログとか見てて。
ナイス行間、ナイス話題、ナイス構成力、ナイスetc。

もちろん大喜利関係の方には嫉妬なんてしません。
もともと勝てるわけがないのを知ってますし、そもそもみんな面白すぎて。

でも、エゴですけど、友達には負けたくない。
友達の友達にも負けたくない。
他校のヤツにも負けたくない。


負けたくない、だけど、みーんな面白い。文章力がある。


羨ましいんですよね。
僕が頭を悩ませて書いてる文章なんかよりも、普通の高校生がテレビ見ながら(あるいは勉強の息抜きに)ピコピコ打った文章の方が面白いって。

あー悔しい。

でも、悔しいけど、結局は才能の違いなんだろうなぁ・・・。


僕にはもともと国語の才能なんて無かった。

無かったはずなのに。

無かったはずなのに、何を間違ったか小学生の時に家にPCが来て、ハマる。
HPを作ってしまう。
そこで日記やらなんやらを書く。

これらの行いを、小学生の時からやってきました。
中学生の時には、友達から「お前の日記いつも楽しみw」というお世辞にも乗せられてしまい。


気付けば、無かったはずの「国語の才能」が少しだけスキルアップしてしまった。


これが間違いの始まり。



そもそも、僕は幼い時からずっと漫画家になりたかった。

そして幼い時から、オリジナルな話を考えたり、既存の物語に自分の考えたストーリーをプラスするのが楽しかった。

(小学校・中学校の授業で、
『動物を使った物語を考えよう』
とか
『この小説の続きを書いてみよう』
なんていうものがあったんですけど、それが好きで好きで仕方なかったのです。
ハリきりまくって、小学生の時はその『動物の物語』を原稿用紙10枚ぐらい書き上げたりもしました。
カッコつけて、伏線なんかも張っちゃって。

中学校の授業でやった『この小説の続きを書いてみよう』なんかは、他人とは違う作品が作りたくて少し違った角度から書いてみたりもしました。
中二病ですよ。中二病、悪い事じゃないと思いますけど。)


これらのせいで、僕は僕を【勘違い】しちゃったんですよね。

「好き」と「才能」は全然違うのに。
「好き」というだけで「才能がある」と勘違いしてしまう。


例えば、中学生の時はとくに酷かった。

「笑い」が好きになってしまった。
「笑い」の奥深さを中途半端に知ってしまった。
「大喜利」なんてものをやり始めてしまった。

つまり

「笑いが好き」になってしまった為、自分が「笑いの才能がある」と勘違いをしてしまい、そしてテレビのバラエティー・ネタや周りの会話を「上から目線で見て」しまっていた。

これは、現在の一般お笑い視聴者の人にも言えることだと思います。(まぁまたその話は今度の機会に)


もう今の僕は、そんな馬鹿な思い上がりは大分マシになったはずですけど。







物事を「好き」になってしまうというのは、凄くやっかいなことです。

「才能」のあるなしなんて関係ないのに、他人に「その好きなものの分野」で負けることを嫌がってしまう。

今の僕は、完全にその状態です。

友達の書いた文章を読んで、勝手に落ち込んでいるんです。

完全な一人相撲。






あと、語彙力に関しては、これはもう、どうすればいいのかさっぱり分かりませんw
正直、語彙力なら多分、友達よりは少しはあるはずなんですよ。

でも、悲しいかな、学力の違いなのか、ネット関係の人たちには一切歯が立ちません。
なんでみんなそんなに言葉知ってんの!?w

学力の差か?学力の差かーーーーーーっ!?


あの、僕、ずーーーっと思ってた事なんですけど。

ネット大喜利の人たちって、学力が異常に高過ぎません?w

やれ有名私大だの、やれ国公立だの、みんな凄過ぎる><


ひょっとしてボク、物凄い場違いな世界に身を置いているのではなかろうか・・・。

この世界にいていいのか、俺w


みんなが受験のため大喜利を休止してたりしてますけど、納得です。
レベルが違い過ぎるToT






あー、なんかもう、なんか、なんていうか、なんかゴメンナサイ。

おバカが首を突っ込んで良い悩み・世界じゃありませんでした。






ちきしょーーーーーーーっ







しかも早漏だしーーーーーーーーっ




童貞だしーーーーーーーーっ




ハゲやすい髪質だしーーーーーーーーっ









あっ、そうそう。

僕の文章って、いっつも長いですよね。

文章の下手さが露骨に表れてますね^^;












しかも早漏だしーーーーーーーーーーーっ




雑記 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
| home |
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。