蛇口からグッバイハロー

ここの部分、色々変えたりしてみよう。はっくしゅん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
就活であちこち行ったり来たりの右往左往、無駄に減っていく資金を尻目にコウジは今日も女を抱いていた。
疲れた心を癒す為とは陳腐な言い訳で、帰りの電車に揺られた身体そのままに、コウジは腰を中心にその全身をリズム良く動かした。
彼の下でよだれを垂らす彼女の名はマリコ。
出会ったのは五年前、高校一年生の春だった。
不運な事故により、もう二年間ベッドから起き上がったことはない。
趣味は女性には珍しく昆虫採集だった。
特に蛾が好みで、よく花畑や森林、河原に行っては捕まえて、コウジに見せびらかしていた。
補足しておくと、別にコウジは昆虫に興味があるわけではない。ましてや蛾は。
嫌いでもないが、好きとは言い難い。
その程度の認知。
しかしコウジと昆虫には、切っても切れない縁があった。
もしもマリコが昆虫採集を趣味としていなかったら、コウジはきっと彼女を好きではなかったからだ。
一般に昆虫がどう認識されているか。
女性と昆虫。
その空間をも歪みかねない危険なバランス感覚は、コウジの性癖を存分に撹乱し、そして満たした。
「昆虫好きの女を抱いている」
この危うさ。
誰もがスポットライトを求める中で、一人舞台の端っこで背中を丸めて地面を凝視している女。
他に何も求めないその一見気持ち悪いともとれる健気さを、自分は凌駕するのだ。
背中を向けてしゃがみこんでいる女を、まず後ろから抱きしめる。
次に引き倒し、仰向けに横たわったその身体に覆い被さる。
両者にとってその時、仰向けとなった女の身体は、まさにアイデンティティである。
そこを強引にさらけ出させるのだ。

「ハァッ、ハァッ、ハァッ」
コウジはまるで日頃の恨みを晴らすかのように、腰をマリコにぶつけた。
照明が落とされ、窓から覗き込む月の明かりのみが照らす情事。
部屋にはどこから入ってきたのか、一匹の蛾が舞っていた。
飛ぶことをあまり得意としない蛾は、よたよたと飛びつつもその羽を休めることは無かった。
目を閉じたコウジは思い出す。
付き合って一年が過ぎた大学入学前の春休み。
二人とも同じ大学に進む予定だった。
お互いの合格を電話で確認し合い、翌日にささやかな祝勝会を開く約束をしたところまでが彼らの幸せだった。
当日、コウジの携帯にかかってきた不幸の手紙。
なんとも価値の薄い響き、交通事故。
しかし当事者を襲う現実は決して薄いものではなかった。
駆けつけた彼の目に映ったのは、ベッドで瞼を閉じている彼女の姿だった。
意識不明の重体。
周りから聞いた話によると、彼女の信号不注意が原因だったらしい。
事故から数週間経ったある日、行ける時は必ず見舞に行っていたコウジが、いつものように彼女の手をとり自らの今日の出来事を頭で再生していると、
「・・・コウ・・・ジ・・・」
朧げな声が室内に響いた。
「マ、マリコ!」
驚嘆と歓喜と戸惑の入り混じった声がコウジの口から飛び出す。
「良かった・・・マリコ・・・!今、他の人を呼んでくるから」
「・・・待って・・・」
思わぬ制止にコウジの身体は硬直した。
「私・・・あの時、蝶を見たの・・・」
弱々しく揺らめく蝋燭の火のような声だった。
「私は・・・苦手だった・・・蝶が・・・だけど・・・だけ・・・ど・・」
震えだした声、彼女はポロポロと涙を零し始めた。
「憧れちゃった・・・コウジ・・・私は・・・蝶には・・・」
暫く無音が続き、次に出る言葉はついに無かった。
それ以来、彼女は再び深い眠りに就いたのだった。

果てたコウジは、その人形の如き肢体をようやく解放した。
射精後に必ず訪れるこの虚無の空気は、彼に「無」を与えてくれた。
全てからの解脱。
なんて、なんて男は醜い生き物なのだろう。
求め合う異性の間に生じるどうしようもない歪み。
彼女は、強引に眩しい照明に晒されたのだ。
昆虫を愛した少女を、人間を愛する女性に変えてしまった。
それをしたのは男である。
そしてそれを求めたのは女である。
人間を愛した女は、男には何の価値も無いモノだった。
交通事故の日、男はまだこのことに気付いてなかったが、女は薄々自身の変化を認めていた。
本当に翔んでいたのか、あるいは彼女が見た幻だったのか。
蝶に気を取られた彼女は、まるで道を外れたことを神に咎められたかのように事故に遭った。
「愛されたい」
普遍的な欲求が招いた皮肉。
あの日、一日だけ意識を取り戻した彼女が伝えた気持ち。
それによってようやく男は気付けたのだ。
彼女の変化に。
自分の欲求に。

モラトリアムを享受する彼は、きっとまた明日もここに来て、彼女を抱くだろう。
ギリギリのところで変化を止めた彼女は、まだ輝いていたから。
しかし彼はどうだろう。
今度は俺の番だな。
そんなことを思う。
いつか内定が決まって、入社する数週間前ごろに、俺は。
蝶を見るのだろう。

服を着、部屋を後にする彼。
飛び回っていた蛾は、月の明かりを受け続けるガラスの壁にようやく羽の休みを求めた。

スポンサーサイト
小説 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
輪廻
ウォッシュレットから赤ちゃんが飛び出てきた。

これだけでも驚きであったが、この赤ん坊が開口一番に発した「お前の股ニティにコミュニティ」というギャグが私の肛門を完全に凍りつかせたのは言うまでもなかった。
「お前の娘になる」
赤ん坊が私の股間に向かってそう言った途端、まだYESとも答えてないし、寧ろウォッシュレットから生まれてくるような気味の悪い赤ん坊なんか娘にしたくないと思ったのに、私の子宮がカチッという音とともに勝手に閉経したのが分かった。私はまだ37である。
「な、何するのよ!」
私は必死で膣に腕を押し込んでスイッチをオンにしようと試みたが、やはり無駄だった。そんなスイッチどこにもない。
「娘にしてくれ」
赤ん坊はまるで揺りかごに身を預けるかのように、便座にハマっていた。
「む、無理よ!だって・・・だって私は・・・」
「いっぱいいっぱいだから、か?」
赤ん坊らしからぬ口調で言ってきた。
「・・・アバウトな表現だけど、そうよ。そんな感じよ!」
「たった今ウンコを出したばかりなのにか?」

そう言われた瞬間、身体が一気に紅潮した。
そうだ、私はウンコをしていて、そしてウォッシュレットでお尻を洗浄しようと思ってボタンを押したら、肛門に物凄い衝撃を・・・

慌てて便座の赤ん坊に目を遣った。
肘が茶色くなっている。したり顔だった。
このガキ、エルボー喰らわせやがったな。
恥ずかしさと怒りで私のボルテージは急上昇を起こした。
この調子で生理が復活してくれないかなと、少し思った。
その時、スッと、トイレットペーパーが差し出された。
何の真似だとばかりに赤ん坊を睨みつけると、

「お股から、垂れてるよ」

太股に何かが流れるのを感じた。まさか

「せっ生理!?生理ね!!おかえり生理!ああ!生理!!」
私はまるで起き上がるダルマのようなモーションで自身の股を仰ぎ見た。
嗚呼、愛しの生理よ!
しかし、そこに垂れていたのは、赤ではなく茶色い液体であった。
なるほど、先程凍らされた肛門が、身体の紅潮によって溶かされたのである。

「早く拭きなよ、ママ」

ア、アンタなんかにママなんて言われる覚えは無い!!
私はこの憎きクソガキ(ガキと言うにも幼すぎる)からトイレットペーパーをブン取り、いざ拭こうとしたら、そこに何か文字が書いてあるのを見つけた。
そこには震えるような字でこう書いてあった。

『どうしても、私はこの子を育てることが出来なくなりました。
 誰か、私の可愛い赤ちゃんを、宜しくお願い致します。
 非人道であることは分かってます。
 許して。私の可愛い赤ちゃん。
 ごめんなさい。この手紙を読んでいるアナタ。

  水道管に想いを込めて・・・  母より』

水道管に流すなよ!・・・などという無粋なツッコミを、私は出来なかった。
何故なら私は、この最低な母親の気持ちが、分かってしまうからだ。
私も、同じような事をしてしまった過去があった。
あれは10年前、私は幸せの絶頂だった。
結婚し、妊娠した。
ある雨の日のエコー検査、私は医師に残酷な宣告を受けた。
どうやらお腹の子は、身体に障害があるらしかった。
絶望に打ちひしがれ、その日の夜、私は夫と大喧嘩をした。
私は育てると言い張り、夫は堕ろせと叫んだ。
短絡的だと思った。私は泣きながら外に飛び出した。
マンションの8階。階段を駆け降りた。
雨で階段は濡れていた。私は・・・盛大に転んだ。
病院、治療を一通り受け病室で安静にしていたら、医師と看護師が深刻な面持ちで入ってきた。
「流産です」 ただそれだけ言われた。
夫は泣いていた。私に何度も土下座して謝っていた。
私は、様々な人間の泣き声が聞こえる中で一人、・・・ほっとしていた。

結局私たちは離婚した。
最後まで夫は謝っていたが、私は妙に無感情だった。
私が自己嫌悪で自殺寸前までもがき苦しむようになったのは、2週間経ってからだった。


気付けば私はトイレットペーパーを強く握りしめて泣いていた。
茶色い液体は、もう足元で水溜りになっていた。
涙が止まらない。
あの時の自己嫌悪が蘇っていた。

「お前の股ニティにコミュニティ!」

ふいに聞こえる声。
途端に頬が冷たくなった。
涙が、凍っていた。

「アナタ・・・」

「何があったか知らないけど、泣くなよ」

私は暫し呆然とした後、何だか急におかしな気分になって、笑った。
赤ちゃんに「泣くな」なんて言われる自分が、ひどく馬鹿馬鹿しかった。
本当にこの子は何なのだろう。
いきなりウォッシュレットから飛び出してきて、
肛門にエルボー喰らわして、
しかも凍らせて、
勝手に生理まで止めて、
私のこと「ママ」なんて呼んで・・・

「あ、お前のウンコ汁も凍らせた方がいいか?よし任せろ、お前の股ニティにコミュ・・・」

私は赤ちゃんの口を人差し指で制した。

「必要ないわ。こんな状態で凍らされたらワタシ動けなくなっちゃうし、」

「でも臭くないか?」

「それに、これからは毎日あなたのウンコを触ることになるんだから」

「え?」

決意は固まっていた。

「あなたを、私の娘にするわ!」

「・・・え・・?・・やった・・お・・・お・・・おぎゃああああ!おぎゃああああああ!!」

初めて赤ちゃんらしいところを見せてくれた。
私は、肛門を拭きながら思った。
10年前の出来事を。
この子に差し出されたトイレットペーパーを何度も繰り返し使いながら。
1回拭くごとに思い出す夫とのアナルセックス。
珍しく普通のセックスをしてくれた、あの一回が妊娠に繋がったんだ。
嬉しかったなぁ。
今の私は、その時の気分だ。
10年前はその後最悪な事態になったけど。
もう、繰り返さない。
誓った。

拭き終わり、ボロボロになったトイレットペーパーを便器に捨てようとした時、さっきの文章の後にまだ何か文が続いてる事に気付いた。

『P.S.
   マタニティになんたらってギャグが寒かったので捨てましたゴメン!』


ぅおい!!

・・・私は豪快にツッコんだ。










これは後日談になる。

赤ちゃんを育てることになった私は、この子にウォッシュレットから生まれた「水子(ウォッシュこ)」と名付け、愛情いっぱいに育てた。
幼稚園、小学校とすくすく成長した。
しかし小学校高学年になると、名前のせいでイジめられるようになった。
そしてイジめがピークに達した中学生の時、ウォッシュ子は自殺した。
この子が死んだ瞬間、私の股の奥から「カチッ」という音が聞こえた。
OFFになっていた期間分、また生理が始まる事を、私は直感で分かった。

「股ニティにコミュニティ」・・・死んだ子の魂は子宮に宿る・・・








後日談、自分で書いといて怖っ!!




小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ゆすり
「ワタシ、恥ずかしながら『ゆすり』なんです。(苦笑)」

そう言うと、林は徐(おもむろ)に、しかし決して押し付けがましくないまるで龍のうねりの様な『ゆすり』をし始めた。
机上のホットココアが溢れそうになる程波を打つ。不規則に昇る湯気。
しかし、机は一切揺れていない。いや、いなかったと言い直すべきか。
机は揺れていた。そして、私も揺れていた。
慌てて周りを見渡してみると、他の者はこの異常に一切気付いてない。そう、何故なら皆も同時に揺れていたのだ。
あまりの出来事にいつの間にか虚空を映し出していた我がガラス細工を目の前の林に戻してみると、そこにはどれだけ恐ろしい悪魔がいると踏んでいたのにも関わらず、未だに困ったような、それでいて不敵な笑みを浮かべたままでいる男が頬杖をつき座っていた。
揺れは収まらない。店内の端にある派手な鏡装飾がチカチカと太陽を反射して煩わしい。

「何を企んでいる。」

フォークとナイフが机から落ちてしまった。しかし、目まぐるしく動き回る店の店員には全く気付かれる事はなくフォークとナイフはそのまま床に横たわっていた。無論私は拾わない。拾ってたまるか。
途端、頬杖をついていた林が腕を解放し、丁寧な手付きで私から向かって右側を示した。

「あちらをご覧下さい。」

私はその柔らかい優しい口調に思わず安心感を抱いてしまった、という事をその場で瞬間的に否定した。何故ならば林は視線を逸らさなかったからだ。こっちを見据えたまま。有無を言わさぬ獣の目。
私は思わず唾を飲み込み、同時に飲み込んでしまった口に残留していたやたら甘ったるいホットココアの味にげんなりしたのであった。
揺れが止まらない中、右側を向く。
決して会話が聞こえないわけではない程度の空間を置いて、林の示す先には違う客が座っていた。
三人家族。もともとこういう家系なのだろうか、全員少し、いや大分太り過ぎである。父親、母親、娘。その全員が同じような体系をしていた。(それにしても、父親と母親が同じ体系という事に私は思わず噴き出してしまった。やはり似た者同士惹かれ合うものなのだろうか。)

「この店の空調、ワタシには寒いぐらいなんですけどね。やはり脂肪と言うのは厚手のコートの様なものなんでしょうか。」

苦笑を浮かべたまま林が言った。
確かによく見てみると、この家族、特に父親の体中には洪水のような汗が噴き出していた。私も、この店は寒いと思うのだが。
見てて遂に私はフフフと声を出して笑ってしまった。汗もさることながら、よく見ると脂肪の揺れが凄いのだ。この店は揺れている。だが誰も気付かない。それはみんな一様に同じスピード同じ方向で揺れているからなのだが、例外もあった。
一つは飲み物等の液体。そしてもう一つは、脂肪である。(苦笑)
デブの父親の奴、その液体も脂肪も両方とも兼ね備えているのだ。しかもタンクトップである。薄地のタンクトップはもうすでにグショグショで元の色が分からないほど変色していた。胸に小さく描かれているディズニーのキャラクターの顔色が悪そうだ。

で、これが何だ?

再び私は林に視線を戻した。そして眉間に皺をよせ疑問の視線を投げかけた。

「さぁ、行きますよ。」

今まで苦笑いしかしていなかった林の表情が急に変わる。真剣そのものの顔つきに。
途端、ふいに身体に微かな異変が生じた気がした。もちろん気付くか気付かないかくらいの意識の範囲で。例えるなら下りのエレベーターに乗っているかの様な妙に体中がこそばゆい感覚。私は思わず腕を掻いた。
その異変の感覚は、正しかった。
目の前のホットココアがそれを示している。さっきまでとは比べ物にならない程波打っていたのだ。余りの波の打ちように零れるのではないかというこの場の状況にしたら俄然馬鹿馬鹿しい様な心配をしてしまい、思わずコップに手を伸ばしかける。しかしその瞬間。

「さぁ再度あちらをご覧になって下さい。」

脂汗のようなものを滲み出しながら林がそう言った。表情は先ほどよりは穏やかだが、未だ真剣であった。
伸ばしかけていた手をそのままに、隣の太った家族を見る。
三人は物凄い揺れであった。ブルンブルンしている。チャーハンと餃子を同時に貪りながら脂肪が揺れ、揺れている。いや、全身に脂肪を纏っている彼らにとって『脂肪が揺れている』という表現は正解ではないな。そう、アレは『全身がブルンブルン』である。よくこの揺れに気付かないものである。
特に一番太っている父親が尋常ではない。重厚感ある揺れ。そして、汗。
・・・汗。
次の瞬間、父親の汗が暴発した。
まるで男性器からミサイルのごとき発射される白濁液の如く。
まるで加藤鷹に『神の手』を用いられ愛撫されて噴いてしまった女液(あいえき)の如く。
ドンビュルッピュッピューッと汗が揺れる脂肪から発射された。
こちらに向かって飛んでくる。
私はうわあああと情けない叫び声を上げながら「顔だけは」と思い腕を顔前に構えガードする。
降り注ぐ雨。濡れる一張羅。今日は何か良い事があるのでは思い着てきたのに。台無しだ。

ポチャンポチャンッポチャンッ

な、何の音だ!?
机に落ちる『ボタボタボタ』の音とは明らかに違う音。実はもうこの瞬間音の正体は分かっていたのだが、そうであって欲しくないと言う淡い期待を心の何処かで抱いていたのか私は心の中を必死でクエスチョンマークで埋め尽くそうとしていた。しかし心の矛盾には敵わず・・・。
私の頼んだホットココアに、汗が混入してしまったのだ。
音からして、決して少なくない量の汗であると思われる。
―――いつの間にか、揺れが収まっていた。
最初脅威であった筈なのにいつの間にかその存在を忘れかけていた林が、不意に椅子から立ち上がった。びっちょびちょであった。
そして、他人の汗が滴る中ゆっくりと口を開いた。口に汗が入ってしょっぱそうである。

「さぁ、お召し上がり下さい。」

・・・何を?・・・何をだ?

「ホットココアですよ。」

の、飲める訳ないだろう!

「騙されたと思って。ほら。今かなり良い感じだと思いますから。ほら早く!」

こ、こんなもの飲める筈が・・・。
しかし、反論しようと林の目を見た瞬間、どうしようもなく身体が動いてくれなくなってしまった。
まただ。またあの獣の目。有無を言わさぬ獣の目。汗が目に入って真っ赤っ赤だった。
私は躊躇した。
何故私がこのようなゲテ物を口に入れなければならんのだ。霞む様な美しい美女の汗であるのならばいざ知らず。

―――確かに、私はこのココアを甘過ぎると文句をつけたが・・・―――

私は小刻みに震える手でコップを持ち上げた。
そのまま落としそうになりながら口元へ運ぶ。
恐る恐るカップの縁に口を付けた。うわっぬるっとしてるやんけ。
カップを少しずつ傾けた。
決壊したダムの如く、一気に口の中にココアが流れ込んで来た。
うわあああっしょっぱ・・・・・・・・・・・・ん?
これは・・・!
そこには、予想だにもしない味があった。
この甘過ぎた筈のホットココア、これは・・・余りにも・・・

「う、美味い!何なんだコレは一体!美味過ぎる!!」

寄せては返す味の波。スイカ割りの様に口の中で弾ける最高のまろやかさ。
非の打ちどころが無い。完璧なホットココアであった。
嗚呼何だこれは。
美味い美味い美味い美味い美味い美味い.....


「ご満足、頂けましたでしょうか。」

林は、余りのホットココアの美味しさに周りが全く見えなくなっていたこの男にそう問うた。
もちろん興奮で聞こえていないので返事は無い。しかし返事は無くとも解答ははっきりと明確にそこに提示されていた。
そして林は、このホットココアに夢中の『お客様』に、最後の言葉を掛けた。
予め決められた定型文。別れの台詞。



「『また何かあればそこの呼び出しボタンでお呼び下さいませ。』」



そう言うと林は床に横たわる忘れ去られたナイフとフォークをお盆に載せ、厨房へと消えていった。















どうも。貧乏ゆすりが持病です。
なんなんでしょうね、アレ。
もう小3ぐらいからずーーーーっと貧乏ゆすりを続けてますねw

僕は小さい頃から、貧乏ゆすりをするたびに母親から「やめて!元の貴方に戻って!!」と注意されていたせいか(ヒロインか)、余計に貧乏ゆすりをしないと気が済まなくなってしまって、結局現在は物凄い『ゆすり使い』になってしまいました。

どっかの本かなんかで読んだ事があるんですけど。
幼い子供の貧乏ゆすりやオナニーって、無理矢理とめちゃダメなんですよね。
ムリヤリ止めようとすると、強制的に止められてしまって余計に性欲だのイライラだのが溜まるらしいです。(だってオナニーだって爆発寸前に止めると物凄いイライラが襲ってくるでしょ)
僕はモロそのタイプでして^^;


事あるごとにアホ母から注意されてきたせいで、もうヤメられないトマらない。


多分、僕、通ってる高校一貧乏ゆすりをしていると思います。

授業中も放課中もずーーーーーーーーっとゆっさゆっさゆっさゆさ。
今こうして記事書いてる間もずっとゆすってます。


そして、たまに貧乏ゆすりって許容範囲を超えますよね。
貧乏ゆすりだけじゃ止まらないっていうか。
そういう時って、100%その方向性が「オナニーしてえええええ!!!」の方に行きませんか?(聞くな)

オナニーしてようやく抑えることができる欲求。

だから、学校でこの禁断症状が現れると死ぬほどキツいです。(特に授業中)
どんだけゆすってもゆすっても全然イライラが解消されないし、むしろ溜まっていくだけ。
何回も何回も気づかれないようにチンコをイジったり。
何回も何回もエロイ事を想像しては勃起させ、萎えさせ、勃起させ、萎えさせ。(ずっと勃起させ続けると理性の糸が切れる)


う~ん・・・

僕の周り、全然貧乏ゆすりしてないんですよね・・・。
何で?何で?
何でちょっと数秒貧乏ゆすりしただけで終われるの?

数秒でも貧乏ゆすりしたら最後、もうしばらく止まりません・・・。
どうしたら良いんでしょうか・・・・orz


誰か解消法を教えて・・・・






というか、貧乏ゆすりしてる女子(制服ね)に興奮するボクって異常ですか!?








小説 | トラックバック(0) | コメント(5) |permalink
| home |
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

マウスメロン。

Author:マウスメロン。
齢:21

大喜利関係の(それ以外も)相互リンク大歓迎です!ってゆーか相互リンクして下さいお願いしますm(_ _)m
もうひとつ「いっちー」というHNも使ってます

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
参加型お笑いサイト
テキスト系・その他リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。